2015 年 10 月 のアーカイブ

弾みが はずんで

2015 年 10 月 31 日 土曜日

希望のいろまちムーンリバーいりぐちすいか?お母さんとも呼びたくなるよなふっわふわ♪つみれ汁ハロウィーンだからおまけお菓子

ピアノ仕事

ちょ とした すれ違いで

時間が ばっくり 空きました

海側に すこぅし 行ってみよか のはずが

気持ちの弾みで

どうせいくなら 六時間も空いたのだから 気になってたとこに 行っちゃえ~♪と

女川の きぼうのかね商店街へ はずんで 来てしまいました

当初の目的は 南三陸町せっけん工房だったのですが

まだ 開いておらず

斜め向かい側の カフェ『cebolla』さんへ

なんか 柔らかなひかり さしこんで

それ以上に ふんわり やわらかな方が

微笑んで 迎えてくださったぞ

これは ふかふか気分になっちゃったぞ

ハンバーグランチ 秋刀魚つみれ汁付き

んまい♪

大好きな 親戚の おばちゃん…てのは 失礼かな(わたくしの 年齢から見て てのもあるもんな)お姉さんちに来て 食べさせてもらってる感じ

震災があったから…とか そういうことが ねっこにあったとしても 

それを感じさせる要素が

探さないと 見つからない

光に満ちてる

でもそれは いろんなこと 越えてきたからこその やわらかな光なのかもしれない

観光らしき方も 見られるものの

ご近所さんが 顔馴染みさんが ちょこちょこっと 顔を出す

町だ

あったかいひとたちが 集ってる 町なのだ

きぼうのかね

胸のうちに こ~ん♪て

軽やかに 響いた

また 来ちゃおう

きっと ただいま~♪なんて気持ちで…

一本を

2015 年 10 月 31 日 土曜日

切れてなお繋がってる

2本の よりどころ糸が

一本 切れてしまった

「一本になっちゃった!」なのか

「一本は残ってる♪」なのか

思いの動きなど さておきにして

風にも 飛ばされずに おる

そうしておってくれ

たのむ

あちこちで

2015 年 10 月 30 日 金曜日

祈った祈り願う思いを重ねて 見ていた

過ぎ去ったあとも

思いが蘇り

つい 涙を 呼ぶ

そんなことが いままで 何度もあった

慣れたふりして

手前勝手な 感傷でしかないさ と

振り払おうとするほど

振り回す行為の 中心点

かなしみ が

色濃く 浮き出す

しばらくは 振り払うでなく

振り回されよう

へとへとになりながら

また 日々の暮らしの思いが 

あらたに 塗り重なるだろう

今ある 有り難さを 撫でながら

ここまでの道みちで いただいた たのしさの てん てんを

思い返しながら

たくさんのひとが いま その人を思っていることを

思う

こんなに あちこちで

いきているのだ

いま

胡桃は羊 山椒は?

2015 年 10 月 30 日 金曜日

魔物よ立ち去れ胡桃の 葉柄が落ちたとこ

冬芽を 戴くさまは

まるで「胡桃羊」なんて 毎年 楽しみにしてるけれど

山椒も なんやら 顔のよう

棘棘 携えて

魔物を寄せ付けぬ

まるで トーテムポールか

守っておくれよ

頼もしい奴♪なんて 触れたら

棘とげ ちくん!

おっと 魔物は わたくしか!?

いのちの ひかりを とばせて

2015 年 10 月 30 日 金曜日

いのちを抱えるさあ用意はできた飛べひとひら

儚げな ひとひら

いのちのまぶたを ひらく ひとつ前のあたり

今 ひかり 放たなくても

ひかり輝く 時へと 飛び立ち 結ぶ

羽根

さぁ いっておくれ

めぐるいのちの ひかりを 思い出させておくれ

結べぬ わたくしの手を

飛ばせる 一押しの 瞬きへ

添えさせて

巡りのよろこびを

ひとひら

胸のうちへと 分けておくれ

同じ場所 違う心持ち

2015 年 10 月 30 日 金曜日

病院前の蒲公英本読むあんちゃ

病院で 待つ時間

父の 癌のときも

母の 心臓やら 脳の時も

あんちゃの 脳の時も お世話になったとこ

願う思いで きりきりと 爪痕がつくほどに 拳を握りながら 蒲公英のあたりに しゃがんだりしたとこ

今は 問題を抱えながらも

急を要するでもなく

ただ 診察を 待つというひととき

かつて患者だったのに

付き添うがわに立てている あんちゃを 頼もしく思ったりもして

その 有り難さを 改めて 噛み締める

穏やかなる 昼下がり

しかし 予約受け付けの やりかた

もう少しなんとかしてほしいよなぁ と

思う

覚悟の上よぅ

2015 年 10 月 30 日 金曜日

ゆっくり笑いながら食べる母 午後一時からの 診察前に

採血などあるで

一時間前に来ててください…と ありまして

採血と 心エコーは さほど 問題なく 終了したものの

予約時間には「まだ 10時台の方の診察が 終わっていないので…」と

予想通りのお答え

おほほほほ 覚悟の上ですのよ

…とはいえ

なぜに毎度毎度そういうことが起こるような予約のいれ方をするのかな あなた方は という 思いは ございます

予定変更してまで 付き添いに来てくれた さなおば

我慢してるけど すこし 覚悟はしてたみたいだけど

うっすら キビシイ表情に…

前回の 甲状腺外来のときも

「予約のいれ方おかしくないか?」やら

「姉は 身体が不自由で ただでさえ待ってるのは 辛いのに」てなことを

直訴してくれて ほんのすこうしの 優先診察 考慮していただけたのだったよ

本日も とりあえずご飯先に食べて まだまだ 待たねばならぬ様なので

処置室の ベッド確保してもらい

横にならせてもらえるよう 取り計らってもらっちゃいました

さすが♪

んで 母のおやすみ具合を 見届けて

おば あんちゃ わたくし

それぞれに ぼややややん と

ロビーで 瞑想的 ひととき

のびるだろか?

2015 年 10 月 30 日 金曜日

ちょんちょこりん♪まこもだけの 一本を

瓶に挿してみる

この ちょんちょこりん♪てとこから

なんか出てきて伸びるといいな なんてなことを 思い浮かべつつ

家族らから またかよこいつはまた窓辺の草増えてるよ…てな 冷ややかな視線は

慣れっこ

それもひとつの 彩りてことで…

本来のやり方を知らんが

2015 年 10 月 30 日 金曜日

本日食べよう

一昨日

仕込んだ 小鰺唐揚げの 甘酢漬け

いい具合だ

生まれてはじめて 勘で作った割りには…

唐辛子が 苦手になってしまっているので

辛味は すべて 生姜大先生に お願いしております

見知らぬ場所で 奏でられ 彩られる

2015 年 10 月 30 日 金曜日

ちゃんと見えるだろか

写真がパノラマみたいで わかりづらいですが

来週木曜から 韓国での 魅力的な 公演

一番左はじっこに おられる「アップおぢさん」と 勝手に呼んでます 奥田さん

韓国でも 信頼&定評のある ご活躍ぶり

んでもって 何年かぶりに わたくし作りましたる『雨のワルツ』の 曲 

ちょこ と 用いてくださるそうです

十何年か前に 別の舞台で 使う曲探しの折り

うちの町での パフォーマンス仕事 お願いしてたもんで

我が家で しーでー物色してて

何気なく オルガニート(手回しオルゴール)用に 編曲してたやつを 聴いてもらったら

気に入ってくださった…のが はじまり

その後 ご自分の 作品に 何度か 用いていただきました

でも 韓国のかたに 編曲してもらったと言う それをきいたら

ほぼ もとネタの 些細なる感じ から

幅の広い 電子オーケストラ みょよよよよ~ん♪てな 広がり具合でして

果たして これ わたくし作ったとか いっていいかどうかわからんのですけんど

まぁ なんというか 手を離れて 育っている感じ

誰かの手で 撫でてもらっている感じは

なんだか ほあほあと 幸せだったりもするのでした

居合わせた人たちが ほあほあと 幸せになれるような 時間と空間に 漂ってくれたら うれしいなぁ