2015 年 5 月 28 日 のアーカイブ

誰の蜜?

2015 年 5 月 28 日 木曜日

蟻夢中駅前の 木

やたら大きい蟻が

夢中で 葉っぱを 這いまわっており

なんですか?と

よりよりに寄ったれば

むうぅ…手に ベタベタが!

舐めてみたら 甘いのさ

これを 舐めてたのか君は♪

木の蜜と 思ったものの

他の 蟻さま

虫嚢みたいなんに 頭突っ込んで

ふがふがしているようでもあり

む…虫の蜜?

はっきりしたことは わかりませんでしたが

具合は悪くありませんよぅ

あま…でなく あめ?

2015 年 5 月 28 日 木曜日

あめもれ…言い慣れない新宿駅の 注意書

「雨漏り」じゃないぞ

「雨漏れ」だぞ

てぇことは 「あまもり」 でなく

「あめもれ」と 読むのだな?

もしや「あまもれ」?

今 一般的になってるのですかね?

むうぅ 初耳 ならぬ

初目

みのさんファッションショー

2015 年 5 月 28 日 木曜日

若い葉っぱもあり混合タイプ枝タイプ華やかドレスタイプまいまい

黒磯駅

いつもの 乗り換え待ちの ひととき

NEWDAYS 太田原さんと ご挨拶&お買い物ののち

駅前の みのさん団地へ

…なんのことはない どうだんつつじの 大きな木に よく みのむしが おる…て ことなんですけど

他で見るより みのさんの 装いが

それぞれ過ぎるのが たのしいのだよね

おんなじ木にいると 似たような 感じになり勝ちなのに
 
なんでなんだろ?

葉っぱのみ

枝のみ

枝葉っぱ混じり

どうも違うものも くっつけてるらしいお方まで…

わっしわっし 葉っぱ食べてるとこ 撮影しようと思ったら

その大きめの 簑のなかに ぱしゅっ と 戻った

すまぬすまぬ

また 存分に 生きてほしいものだ~

これで 木が駄目になるなんてことないから

駆逐されませんように と 願う

…でも 害虫扱いされやすい まいまい幼ちゃんも おったで

今後の 人の動向が 気になる

苦手さん ごめんなさい画像…出しちゃいました

事後謝罪

なかなかすすめぬなかなんとかすすむ

2015 年 5 月 28 日 木曜日

カバー剥いてある…発売と同時に

大手ネット書店でも 品薄になった『和合亮一が語る福島”講演会・インタビューと奈良女子大生の福島訪問記“』鈴木康史・編 まほろば叢書(かもがわ出版)

おぢが かもがわ出版に 勤めとるのを 幸い♪と

直接連絡お取り寄せしましたる

で 勢い 2冊頼んで

うきうきわくわくしておりましたのに

なかなか 開かず 眺むるばかり

本を読む 暇もない…訳ではないのに

何か ふと 躊躇う…

本日の お江戸ゆきの 道中に 携えてみました

…前書きで 泣く

ちょ と 閉じて また読む

…感情が 明るみに出る前に 涙が 先走る

なんだこれ?

福島の 保原にて 高校の先生を やりながら

そこに 暮らし 生き続け

「ほんとう」のことばを 紡ぎ 届け続ける 詩人 和合亮一さんの

ことばの 手触りは いつもやさしいもので

怒りも熱もすべて やわらかに 届くもので

似ていても だいぶ状況の違う 201103111446からの 日々を 語っておられるのだけれど

その こころに湧き上がった 揺らぐ思いの 表しが

わたくしの とるに足らないことばに繋げようとする行為を越えて

奥へ 奥へと 届く

揺さぶられる

そうそう たいした 被災でもなしに…といって

平静なる 毎日に 戻っていると 思い込む どこかの 節穴から

染みだす

終わったのではない あの日始まったことが 今もあるのだ…という 思い

今まだ てばなすわけにはいかぬ 思いを 改めて 新たにしてゆこうか と

思い直す

ふさいだ まやかしの 瘡蓋を 引き剥がす痛みのような

しかし それは もっと ほんとうの 傷と 向き合って 生きるということのようで

恥じ入る思いもありつつ

涙拭いて

また 読み進めようと思う

いつも いいことばを ありがとうござります

それを繋いでくださった 編者の 鈴木さん…これからも その土に 人に 繋がる講義を

よろしくお願い致しまする

揺り籠電車

2015 年 5 月 28 日 木曜日

おだあたり昨夜

何をしていたわけでもなく ぼやっとしてたら

寝るのが 遅くなってしまい

うとうと…で 朝

ゆめうつつの 狭間の辺りで

あんちゃに声かけられた

「君 僕より早くでかけるんだよね?なんで未だ寝てんの?」と

ありがてぇ…

それでも 朝飯仕度 ざっとやって

ちゃんと 食べて

始発に乗ったぜ揺り籠みたいに 揺られて 寝てゆけば いいやい

かたんことんうとんうとん

のばす先に

2015 年 5 月 28 日 木曜日

からすうり実れなにかを目指したわけでなくても

胸のうち 奥の 奥の

螺旋の みなぎる 思いが

吹き上がるように

身の 先から

ときに ことばに

旋律に 紡がれて

どこへともなく のびてゆき

のびてゆくさきに

支える たのみに

繋ぐ手に

届き

よすが が よすがを 呼び

やがて 実を結びゆくこと

からすうりは とっくの昔から 迷いもなくやっており

自分は 今更ながら

迷いもありつつ

そんな風で 

目指し 突っ走る 速度も 勢いもない 有り様を

諦めるでなく

受け止めながら

ゆくぞ と 思う

「婦人」つながりで

2015 年 5 月 28 日 木曜日

五月三十日公開おともだちの きのちゃんから

パントマイム お師匠 まんちゃんと その仲間たち…愛也さんと あやめさんによる「東京黙劇ユニット」が 

『婦人之友』の 巻頭にて 紹介されておる…と 教えてもらい

早速 本屋へ…しかし

角田の書店には 置いてないんだな これが

まぁ 最新号だ てんで

本日の お江戸ゆきの折りか

後程 仙台の本屋さんにて

探してみる 予定

んで 婦人つながり…というわけではないけど

『婦人公論』の 樹木希林さんの インタビューで
 
映画『あん』について 述べられてるとこ

助さんについても 触れてましたもんで

買ってみた

「成熟した大人」…ふふふふふ

見守られてる感じだな

一昨日 カンヌ国際映画祭から 帰って来たとのこと

かなり 手を差しのべてくれる 強力協力が 出てきておるで

これからどんどん また 広がって 繋がってゆきそうだ

ますます 忙しくなりそうだね

身体に気を付けて 

想いを より良き ことばに紡いで織り上げていってくだされ…と 思う

ふれ~

ふれ~♪