2015 年 3 月 のアーカイブ

受けとる形

2015 年 3 月 31 日 火曜日

待ってる

受けとる形に 生まれた思いは

哀しみではない

あなたが 来るまで

待ち遠しさを 膝にのせて

待ってる

たのしんで

待ってるよ

小蕪菜の花畑

2015 年 3 月 31 日 火曜日

蕪状のところ健在菜の花畑

おがるに 任せておったらば

ほったらかし農法 我が畠

小蕪らが つぎつぎと 花蕾

蕪としての お仕事は もう 二の次なのだろな

味はきっと いっちゃってるんだろな

でもでもでも…

小蕪に 菜の花が咲いてるのを

そのまんま お出汁で炊いたりしたら

美しき 見た目ではないですかね♪と

野望を膨らまし

「お一人でお楽しみください」と

家族らの やんわり拒否

ふ~んだ

やってやるぅ

開花宣言

2015 年 3 月 31 日 火曜日

うすむらさき

台所窓辺の

活け大根葉っぱ

美しく 咲きましたる

むうぅ 

わたくしも ぼやぼやしておれんな

旅後半のお土産たち

2015 年 3 月 30 日 月曜日

おやまくま…サイダーもあるよ前半で ほぼ お土産を 買わなかったのは

のっけから重たくなりたくなかったってのもあるかな?

まぁ 人と会うのに忙しく

観光しにいったわけでもないし

道々 読もうと思って持っていった本 3冊もあったし(案の定 読みきれなかった『挑発する文学』おじに 返せず 再び借りて帰ってきましたる)

…とはいえ 復路にて

気が緩み

そういや ちちははあんちゃ受けする

土産食べ物 買ってないよなぁ…と

途中下車の たび たびに

ちまちま買いまして

気づけば これでもかっ!てなくらいの

みっちみっちに 詰まった

ワンダーフォーゲルリュクサックに なっちまったわけですね

まぁ よく運んだもんだよ

小山自体は なんかしたところ というよりは

わくわくの 乗り換えだったのですけんど

何故か 一番 土産物を買ったかもしれぬ

古印最中 みるくじゃむ…などなど

その中の ひとつ

開運★おやまくま(顔が 小山…の 文字でできてる 西堀酒造 「若盛」…めんこくて 買いました)純米吟醸を

こぱっ♪と 開けて

ちるる などと すすりつつ

あのひととき このひととき

じわん と 思い出す

ひとり 堀炬燵の 夜

みてるよみてるよ

2015 年 3 月 30 日 月曜日

咲いてる咲いてる蕾 まだ そんなに膨らんでないなぁ なんて

こことこ 人々

桜の気にばかりなって

上向いてて

ねえねえ 咲いてるよ咲いてるよ♪て

噎せるほどに 花粉飛ばしながら

呼ばれたよ

こんなに背伸びの つくしんぼう

咲いてる咲いてる咲いてる咲いてる

うん 一緒に のびよう

噎せるほどに 想い 咲かせよう

京都で 買ったもの

2015 年 3 月 30 日 月曜日

わたくし自身が 魔であったりするのになぁ大阪では ワイアートギャラリーで

可南さんの 絵はがきなどを 買いましたが

その他には 居酒屋での 支払いだけ

プロボラの たえさんとの おしゃべりタイム 珈琲&チョコグラタンは ご馳走になっちゃったりしてすみませぬ~

美味しかった嬉しかった写真…あとでみたら 嬉しさにうち震えていたか

ぶっれぶれで 何が何だか わからん写真のみ

とほほ

そして 京都では 財布の紐を 新調して その先につける 玉っこ みたいなん 買おうと思ってたもんで

高台寺の 素敵お店「まほうや」さんにて 蜻蛉玉周辺を 物色

ついつい いつもの 好きな色…でもよかったものの

思いがけないもの

人が勧めるものに 乗っかってもよいかな と

素敵センスについては 信頼がおける方々なもんで

珍しく 相談してみたのでした

魔除け目玉風 蜻蛉玉 勧められ

そのなかから より 好きな色

めでたく 財布の紐 きりりと 締められるようになりました

まぁ 支払い時に いつも以上に もたもたしちゃうんですけど

だからといって 歯止めになるとも 思えぬのは

ご愛敬

読み方判明 若干 お怒りも判明

2015 年 3 月 30 日 月曜日

栗クリーム食ったでこらてぃぶ な 看板で

「たなばたけ」なのか「たなはたけ」なのか

今一つ はっきりしなかった 高砂辺りの JA地場産品の お店

「たなばたけ」…濁点つきだった

トイレの 屑入れのとこに マジックで 書いてあったのでした

ま それはさておき

ここ三日の わたくし 不在で

確実に 青物不足であったらしい 森家

今朝も 健やか うんこさん環境のはずの母ったら 

デイサービス お出掛け前に でなかったし

要 早急食事改善…だな

青物 お安い たなばたけ ばんざい

青物やら 果物やら

あれこれ買い込み

外へ出たら

「話題の」気仙沼パン工房の クリームサンド 売ってた

んで「類似品に注意!」と 注意書

ほぼおんなじパッケージで

気仙沼発 とさえ うたっている

石巻のメーカーのものが でまわっているのだと

…う~む 

なんでこんなことになるんだろうね

かなりのスーパーが 類似品の方を 扱ってる…と 取り扱いスーパーの 名前まで 書いてあったよ

話題になると あちこちで 類似品が出たりするのは よくあることとはいえ

昔食べた味が懐かしくて 再現したとかいう 話もあったりするのかどうか…

いずれにしろ 元祖的かたは 若干どころじゃなく
 
ご立腹のご様子だよ

石巻のメーカーさん

どんな 事情があるのか 知らないけど

何とかしなくちゃ駄目だよ

ましてや今

被災が大変だった地域が 頑張ってる商品は

買って 応援したい人がおられるのだから

それぞれに 被災が 大変だった地域で

不快な思い させちゃいかんね

元祖さんの ぽにゃっと やさしいパンが

ちょっと 切ない味まで 染みてくる

なんか とりとめなく うんこさんの話まで だしちゃって

すまぬ

大阪的なもの 京都的なもの

2015 年 3 月 30 日 月曜日

ねねさんとこの

いつも人に会うため と言ってはいても

その場所ならでは の

写真を撮ったり

土産物を買ったりするのだけれど

今回 前にも 増して

買わず

写真も お会いした方々と 写したものの

どこであるか わかるような感じのものが

あまりない

でも どこにいっても 

あぁ と 

嬉しくなって

撮りたくなるものは

人で

いのちで

それらのなせる技で

その場所ならでは…と 思い込んでいるものが

結構 そこの浅い イメージにすぎなかったりして

そんなこんなで

どこですか?写真でした

まぁ どこにいようと 人は あたたかで

いのちは 輝いておる

うわ…

2015 年 3 月 30 日 月曜日

もふうひ~

うっかり きったまんま

湯呑みに 伏せていった

檸檬

裏返したら

青さん 大家族増殖!

見事だ

撮影後 三角のおうちに いっていただきました

…すまぬ

おおごともなく

2015 年 3 月 30 日 月曜日

お土産食べるわかちゃん写真集を見るいつも通りに寝てるわさわさのまんま

帰宅したらば

「あ~無事で」などと

困り顔よりも

よろこんで迎えてもらえて

うれしいや

父の手に 湿布が貼ってあったり

なんか鼻水出る とか 母がいってたり

あんちゃは 風邪で いまいち とか

不具合もありつつ

ぴっちっちっ お偉いさんも 牛太郎も 相変わらずで

あんちゃに 託した 台所窓辺 青物ジャングルは 過剰なほどに お水もらえてて 健やかに在りて

土産の 食べ物 開けて ほっとしたように 食べてる姿みて

ほっとする

ただいま

ありがとう