2014 年 10 月 のアーカイブ

モナリザの微笑み…ちう 名前

2014 年 10 月 31 日 金曜日

ぴちの尻よりでかいでか

父が

松崎果樹園さんから 買ってきた

モナリザの微笑み という名前の

赤子の 頭くらいあるかんじ

うっすらと 上品な 甘さが

モナリザの微笑み的なのだろか

わからんものの

みなで

「ん~ モナリザの微笑みだねぇ」などと

刷り込む

おいしうございました

あら いらっしゃい

2014 年 10 月 31 日 金曜日

こながちゃんとはちがうようだ尻の方正面わたれわたれしゃく

この頃 

立派なる 白菜が お安くなって

ご機嫌の もりあやこです

ご機嫌×2気分です

さっきの投稿が むっつむっつであったのに

なに掌を返しておるか!?ですが

投稿には 時差があるてなこと

ご了承くだされ

ま そんな ト書き的なことは さておき

一昨日買った ご立派 白菜に おられましたのよ…なんにゃらかの みどりこさんがね♪

しゃくさんぽいのですが

イモムシハンドブック①と②を じいいっとみたものの

まだ 幼いさんのためか

今一つ 確信もてる 名前にはたどり着かず

まぁ どなたにせよ

少し ここいらでくつろいでくださりませよ と
 
白菜から 台所窓辺 活け野菜…大根の葉っぱに 移ってもらった

…お口に合うだろか?

白菜しか食わん!てな みどりこさんて いなかったと思うのだけど…

「尺」の 形のまんま

むしゃむしゃしてない様子なので

このまんま なんも食べないのだとしたら

白菜活けなくちゃ ないかもな

騒がれて ぷち される前に

家族ら やんわり 懐柔せねば…

今はないものに 焦れたり いらついたり

2014 年 10 月 31 日 金曜日

濡れて佇むふと もう過ぎ去った いきさつをおもいだす

珍しく はじめから終わりまでの 脈絡を たどったら

ぷつ と 煮え立つ 思い

それまでにこにこ気分だったのに

あれよあれよという間に

にこにこ成分 蒸発か?

ここにはもうないのに

だぁれもそんなこと 思い出しもしないのに

一人で むっつむっつと 歯噛みする

わたくしの 脳内にしかないのだ

もうやめようよっ!と いったところで

ぶすぶすぶす と ブスの心持ち

ぐおおおぉ! なんなんだちくしょう わたくしめえぇっ!と

言ってもいうこと聞かないようなんで

もういうのやめて ざっぶざぶと ためてた洗濯してやった

手の皮 剥けかかったけど(秋冬の風物詩)

まぁ すこぅし 紛れた

ブス脳細胞の罠に 巻き込まれるとこだっただ

危ない危ない

洗濯物干したあと

庭の菊の 美しうなじなど ぼぅ と見て

己の愚かさも 干上がりやがれ と 思う

昨夜 めるとだうんのわけ

2014 年 10 月 31 日 金曜日

おでんと日本酒保育仕事のあと

来年4月の ダンスブルームさん舞台の 振りうつしなどして

心地よかったもんで 

疲れも 意識せぬまんま

帰宅後 おでんに 日本酒ちみっと…ののちに

先日いただいた ヱビスさま黒 350ミリリットル 呑んだのでした

うしたんが 尻のところに来て…とかいってたら

「うっし~の せいにすんな」と 苦言呈されました

まぁ 両方あっての 複合型てことですかな

だからなんだっつ~んだか

どうでもよい話ではあるけど

休み前の ぐだぐだ 極まれり てことでした

あぶらむし めんこい…

2014 年 10 月 31 日 金曜日

つぶらな瞳

今朝

久々の マクロレンズで

うっかり あぶらむしを見てしまい

そのめんこさに くらり と

めまい

息吸うの 忘れとった…

こりゃ 気軽に ぷち などと 更にできなくなるではないか…

むむむ

ひなたは

2014 年 10 月 31 日 金曜日

ぴちえんがわ
 
ひなたは

にゃんこがいると

もっとあったかい

白っぽい朝

2014 年 10 月 31 日 金曜日

横のゴーヤーより 白いやつ使いました蓮根好きだっ♪

昨夜

茶の間 堀炬燵に あたっていたら

尻のあたりに 

ひたり と 牛太郎やって来て

なんやら その 密着感が嬉しくて

しばし るらるら しとったら

まんま めるとだうん

気づけば

大変に よろしくないひねり具合で

ちどごろ寝 など してしまいましたの

朝四時

寝直そうと 思ったものの

眠りの尻尾の毛先さえも 掴めず

観念して 早起きしたことにしました

んで

いつも以上に うすらぼにゃけた頭

白ゴーヤーと 豆乳と 先週仕込んだ甘酒の みどりのなめらかさんならぬ 白のなめらかさん飲んで

蓮根の 生姜塩麹きんぴら なども 食べて

シャキッとするわけでもなく

のら~ん と 過ごす

心身も 輪郭ぼやけて 白っぽくなってる気分

こんな休日も またよし

あるく

2014 年 10 月 30 日 木曜日

隅々まで満ちて歩く自分の持っている ありったけの 体力 気力 楽しむ力

総動員して 

あるく

あるく

あるく 

その 隅々まで 満ちている さまに

うたれ

いとおしいと思う

だんだん 体力も 知力もついてくると

歩くことなど 難なくこなせて

いつしか 片手間に 歩く

満ちていない風情は

楽そうではあるけれど

そんなに いとおしくも 感じなくなったりする

きっと わたくしのあるく姿は

すかすかであろうな

もしくは なにか別のことに気をとられたりしていて

無様であろうな

そんなことを 思いながら

美しい姿の後ろを 

のさりのさりと ついてゆく

美しさのおこぼれの片鱗を 拾いながら

冬に向かう季節の たんぽぽのように

2014 年 10 月 29 日 水曜日

いとし たんぽぽ

うすまりゆく 暖かい日々を

慈しむように

より 愛しむように

その身一杯に広げて 受けとる
 
わたくしも

そうやって生きていくことにしたよ

ずっとそこにいればよかった…のか

2014 年 10 月 29 日 水曜日

そのなかにいればよかったのだろうかあのとき

その眼球のなかに

とらえられたままでいればよかった

よごれつちまった身を

透明で 美しげな 珠のなかに 閉じ込めて

うっとりとしながら

共に 世界を見ている気でいられればよかったのだ

よかったのに…

壊れたのか

壊したのか

張力失われ

水溜まりと 化した そこへ 立ち居り

滴の垂れ落ちる 髪のまま

向けられていた 眼差しであったものを

探し惑う

あれから ずっと 迷子なのだ

幻想と 知りながら