2014 年 5 月 のアーカイブ

青鷺も 脇の下を広げ たち

2014 年 5 月 31 日 土曜日

鉄塔も熱くなっちょるだろう今日の日も暮れてゆく

田んぼの真ん中に

見たことない オブジェのようなもんがあった

よくみると

なんだ お馴染み 青鷺さま

でも 立ち姿が ただならぬ感じ

翼を 妙に 半端な具合に 広げたまんまなのね

いきなり 暑い日がやって来て

身体がついてゆかぬのか

脇の下…といっていいのか…に

風を 通して 涼んでいたもよう

嘴も 半開き

雀っこさんや 烏さまのそんなようす よく見るけど

鷺さまも例外ではなかったか

乗り越えようね~ なんて 

そっとエール送る わたくしの 脇の下も 
そういや半開き状態

がんばれ わたくしも

苦手な暑さに

なんとか笑って 沿うていこう

すごいもの見ちゃった

2014 年 5 月 31 日 土曜日

顔本(Facebook)で

お友だちが 紹介していた 踊りの動画

11歳の子ですて

コンテンポラリーショーダンス…なのかな

どうやって ここまでに到達できたのだろう

他の人たちは どうして 到達できないのだろう

あぁ 大人たちが 如何に 子らの 機会と才能を 潰していっていることだろう と

胸が痛む 思いさえ わきあがる

型にはめられ はまることをよしとするひとたちを

横目で味ながら ふふふ と 笑われたような気分

今年も中まで真っ赤っか

2014 年 5 月 31 日 土曜日

まっかっかっか砂糖も真っ赤になるぎうにういれて

今の庭の苺が うちに来てくれたのは

もう 三十年以上前

同級生の まるにや(桐ヶ窪牧子)の 庭から…

親株→太郎株→次郎株→三郎株…と 増えていくのを

三郎だけ残して 育てると

大きく甘いものになると きいたものの

間引くのも 可愛そうで

そのまんま 大家族

…まぁ なんつうか ただたんに 面倒なので なりっぱなしなだけですが

小さくても 中までしっかりと赤くて

甘味も 酸っぱ味も 濃い!

そのまんまでも んまいが

本日は 潰して 砂糖かけて牛乳かけて

るるるるるん♪

うちが大家族だった頃からの 味だなぁ

じいちゃんばあちゃんおばちゃんおばちゃんちちははあんちゃぴゅーま(犬)

ふと みんなそろっていたときの一瞬がよみがえった

夕陽よりも赤

2014 年 5 月 31 日 土曜日

何よりも赤畑周りの 苺

夕陽に照らされて

夕陽よりも 

摘んですぐ

口にいれると

暮れ色の 掌で

温もって

すこぅし 体温の低い

誰かさんの舌が 合わさったようで

ぽぅ と

苺色に染まった気がして

途方に暮れる

薄暮れ前

ひかるものは

2014 年 5 月 31 日 土曜日

のげしもゆずもくものすも朝日なのか

花なのか

蜘蛛の巣なのか

あるいは 

それを みつめる 

わたくしの 

こころもち

そして

いのち

また痛みを知りにいくのか

2014 年 5 月 31 日 土曜日

野茨の思いを咲き乱れよ

かさぶたになりかかる 

まだ その一歩前の

ひりひり生傷が

ぴり…と 乾きかかったあたりなのに

また ふらふらと 

香りに

蕊に 誘われて

踏み込む

たどり着くことに夢中で

また ちくりちくりと 

すれてきれてささって滲む 血さえ

甘やかな ひととき と

夢が うつつで

うつつも 夢見心地で

誘ってなどいない と

嘯く その腕に

同じような 血を 滲ませてでもやろうか

野茨の 屈託のなさを 装いながら

やはり 黄金に戻る

2014 年 5 月 30 日 金曜日

ぴちもみまもる?一昨日

あんちゃが 期間限定 青ヱビスさまを 買ってきて

ちょいと分けてくれた

あぁなんか 他社の 話題の プレミアムなんちゃらに 似てるかも…の 甘さ

そうか 青っぽいのは 大抵このような 甘味を 伝えたいのですかね

ふむふむ

んで まぁ やはり わたくしは いつもの 黄金のヱビスさまへの 愛を

再確認したわけですね

期間限定ものなら「琥珀ヱビス」さまが 素敵♪と 思う

なんだか かたくななる 拘りを持つつもり ないのだけど

これんまい♪て 思うんだから 仕方ないよね

密林序章

2014 年 5 月 30 日 金曜日

いんかのめざめもめざめまくりへろへろり~の 鼻毛人参の 畝あたり

久しぶりに見に行ったら

植えたものも こぼれ落ちていたものも 元々潜んでいたもの

あらゆる草ぐさが

わんさかわんさか

大にぎわい

むううう

これは また 確実に 

密林になっていくことであろう

よいねよいね

生命力だね…なんつってると

植えたものたちが

凌駕されそうでもありますわ

一部は みどりのなめらかさんにして 飲んだりするつもりだけど

ほったらかし農法とはいえ

出入りする 道やら

人参 馬鈴薯周辺は

ちょこっとは 草むしりしようかな

北タイ ラフ村から

2014 年 5 月 30 日 金曜日

重たくなく優しい味をという感じのコーヒー新鮮地場産品あぐりっとで

葱あったらよいなぁ&北タイの 珈琲豆やら 良いものをより良く届けたい♪という 思いを聞かせてくださった おねぇさんに 会いたいなぁ などと思い

買い物へ

そしたらば なんと おねぇさんの方から 
声をかけていただいてしまった

珈琲豆の 個性を活かすために あちこちの 焙煎職人さんやらを 調べる過程で

大好きな しっし~んとこの

太陽と月のコーヒーも チェックなさってた話し

しっし~に 伝えたら 喜んでくれたことも 伝えたかったのですが

おねぇさんから 優しく声をかけてもらって 嬉しくて 泣きそうになったりもする 自分に 狼狽える

恋する乙女かよっ!?てんだ

お名前 矢吹さん てなことまで 聞き出したりして

あぁ なんとも 名前を 知るということは

より 心に しっかりと 縫い留められることでもあることよのぉ なんて

胸の辺りさすりながら

嬉しくて

早いうちに キッチンドランカーになっちょる 体たらく

これは ちょっとした 繋がりを繋ごうっ♪なんて

小鼻ふがふがしちゃってる 前触れですかね

いや まず ともかく

角田にも素敵な おねぇさんが

素敵な出逢いを 誰かに手渡そうと 頑張っていらっしゃる ということを

誰かに届けたくて 

助太刀したくて

でもなかなか器用にできない 己に 焦れつつも

こんな 訪れる人もそうそういない ブログやら 顔本にて

きいてきいて~♪などと 

声を 張ってみたりする よっぱ森です

角田って 捨てたもんじゃないのよっ!

石仲間にはなれず

2014 年 5 月 30 日 金曜日

石探しつつ仲間探し拾っては投げ拾っては投げ慎重に歩くお方ばかり川底が ねんばんがんみたいなとこもすこしなじんだらおもいっきりじゃぶじゃぶを

昨日の 川辺の遊び

腰の不具合も だましだまし

なんとか 無事故で 楽しく行ってこれましたる

しかし せっかく さとこせんせが

じゃばじゃばおもいっきりするなら すけだちするよん♪とばかりに

待ち構えててくれてるのに

じゃばじゃばさんよりは

石投げさんが 多い

もったいねぇ!

まぁ まだ 今年の水に 馴染んでないだけなんだろうけどね

石ならば 拾いっこ 分かち合える人もおるだろか と

物色しながら 様子見ておりましたれば

「せんせ~♪丸い石 とって~」と 呼ばれ

おおおお まかしときぃ などと

掌が 嬉しくなっちゃうような まぁるいのを

選んで 渡しましたれば

ぢゃぶ!

速攻で 川に投げられてしまいました

ま…そうなるよね

投げるのだらば まぁるくてうつくしくなくてもよいか…とも 思ったものの

その子としては やはり ごつごつ 武骨なもんは 持ちたくないようなので

まぁ わたくしが 惜しい!と 胸のうち ヒリヒリしないような程度の 優しくまぁるく そこそこ美しいものを選んだのでした

んがしかし 投げるなら 己で探さんかいっ!と

途中から突き放し

あたしゃ 石探しつつ 皆様の安全面についての 心配りに専念するのだ と 宣言したらば

すこぅし 石を拾うってそんなに楽しいの?的 歩みより覗きこむ お子もいたりして

ふふふふふ

誘導してるんじゃないのよ

いろんな世界の可能性の 道標的 提示を

ちょこ とだけ