2014 年 4 月 27 日 のアーカイブ

大根風

2014 年 4 月 27 日 日曜日

ほうれん草根っこ見事でしょ?

昼御飯は 父の お得意 焼おにぎりと 畑の ほうれん草

ほうれん草の根っこまずら 食うたら

こりゃなかなに 大根風味で

んまい…と 本気で思って すすめたけんど

父は 食わず

夜ご飯の時も

畑から ほうれん草抜いてくる…と 言ったら

「また 根っこ食えって 言われたらやんだがら いらねぇ」だとよ

食わず嫌いはいかんぞ と 言ってみたが

「んまく食えるもの ちゃんとわかってんのに わざわざ訳わかんねぇもん 食う必要なんか もう ねぇんだ」とさ

ま 一理あるけどね

幻想即興曲~砕く~

2014 年 4 月 27 日 日曜日

破片がきらめく守るものなどないさ と

知った風な口をきいて

手のひらを握ったままで

ふざけるな と こじ開けて 叩きつける

膝にぶちまけられた それらを

拾い集めるでもなく

うすら笑う おまえ

己の手を汚さずに 砕かせる 目論見であったか

いいだろう

巻き込まれてやるさ

どこまでも 

粉々に 

もろともに…

息抜き長すぎ

2014 年 4 月 27 日 日曜日

作業前にビールってどうなんすか?ぐだぐだの手描き

散歩したり

ビール ぷしっ としたり

やる気 あんのか?

作業前に ビールってどうなんすか?

かえってはかどるとかいってた人いたけど…

やる気が 夢のように降ってくるまで

待ってみようか と思ったら

夜になってました

星屑さえ「おまえに降らせるほどの暇はないわいな」と

闇の奥にめり込み気味で

光も あわあわしておりますし

ここいらで

己にビンタ気分で 奮起しようかと

え~と

酒気はもう 抜けたようでもありますし

茶などのんで

ふぅ

おっといかんいかん

やるよ

祭りの しっぽあたり

2014 年 4 月 27 日 日曜日

少なめ露店おでんずさん

おでんずさんへ 行ったれば

閑散としており

もともと 控えめだったのか

片付けはじめていたのだったか…

お参りしたれば 奉納短歌の後片付けを
一人でしている ぶっつぁんに会った

母と わたくしの短歌も 貼られており

母佳作入選のとこには 桜紙の お花がつけられてた

そんなあれこれを 剥がしたり

パネルばらし

なんか 静かですねぇ 夏の祭りは もっと盛り上げないとね なんて 言葉かわしながら

お片付け手伝った

ハレから ケへと

おさまるこころもちになるとよいけどな

なんて

でも すこぅし 祭りのしっぽあたりは

わけもなく 切なくなるのだよ

たんぽぽ先生 やっぱりすげぇ!

2014 年 4 月 27 日 日曜日

わたげになるたねになるつなげるまた咲く

あんなに 黄色だった 広場が

すっかり刈り取られてしまっており

ああぁ と 落胆しながら近づくと

刈り取られもがれた たんぽぽの花花たちが

一斉に 綿毛になっており

ただ朽ち果ててゆくわけではないのだな

そうなってなお 繋ぐ備えがあるのだな と

なんやら 感傷的な 己の心持ちが

恥ずかしくていたたまれなくて涙までにじみながら

おらもがんばるだ などと

ひれ伏す思いにもなり 

次の足取りが強まる

やっぱりすげぇや たんぽぽ先生

うつつが ぼやける

2014 年 4 月 27 日 日曜日

まだ そこにたちつくしているのかおのれは抜かしてる…までいかぬが

うつつの 輪郭が ぼやけちょる

まだ ここではないどこかへ 立ち尽くしておるのか己は!?

明日まで 叩き台として作っていく約束の

とある チラシ原稿 全くはかどらず

ぎょえ~

また ギリギリまで追い込まないと

ピクリとも動かぬ 重たい踏ん切りの尻

ちょいと おでんずさんの お祭りまで行ってくっかな

回り道してどうするって話だが

「夜何食うんだか考えてんのか?」と 父から言われ

帰りに買ってくっからよぉ と 

なんとか 立ち上がる

まぁ なんとかするす

再び 光るために

2014 年 4 月 27 日 日曜日

またみせてくれますね水面に

たいようのかけら 

刺しとめるように

蓮の葉の針

また 世界を その手のひらに

まあるくころがすために

ここにすべてあるよ と

しめすために

なくしたものも

また生まれて

出逢うために

動いているのだよ

ふきのとうたちあがる

2014 年 4 月 27 日 日曜日

わたげさえふきのとう

ふきのとう

たちあがる

とうがたつ

わたげさえ

かおりあり

いつまでも

ふきのとう

おのれあり

大根切り花

2014 年 4 月 27 日 日曜日

ぐなりご近所の 佐藤さんちの じいちゃんが

畑に埋めてってくださった 大根

もうすぐ花咲くわ~ん♪と

楽しみにしとったのですが

東京行って帰ってきたらば

根こそぎ 抜かれちゃってました

ああああぁ

あまりに落胆しておる わたくしに

ぬいちゃったさん あんちゃ

なにもそこまで的 苦笑いしながら

「どうもすいませんねぇ…花んところは 切って いつものとこに棄ててあるから」とな

ううむ

小バケツに 水溜めて

入れてみた

もちなおすかな?

なったとてどうってことないのでしょうけど

うちの人々にとって 必要でないことばかり どうにかしようとする…と

めんどくさがられる わたくしでした

蜜の毒

2014 年 4 月 27 日 日曜日

蜜と液あまくやさしい ことばやふるまい

その瞬間をいつまでも なぞって

なくならぬように 舌の下へと隠して

うっとりと 溶け出す蜜に浸っていると

いつしか蝕まれてゆくから

飲み下して 身になるものだけにしておけ

毒になるまえに 

齲の巣に 成り果てるまえに

そういい聞かせながら

まだ べたつくそこから 這い出せずに

伏し居り

蜜の毒に 痺れたまま