2014 年 4 月 のアーカイブ

うれしや復刻

2014 年 4 月 30 日 水曜日

ぴちのうえにほん大好きなの M・B・Goffstein

末盛千枝子さんの 現代企画室から 復刻されて

ばんざい♪

「あ♪のねの会」でも 『作家』を

わたくし作の曲 オルゲル編曲版と共に 美香さんの やさしやわらか朗読と共にやらせていただいたりもして

大切な存在になる本が 多い

ここしばらく 本から離れ勝ちだったもんで

また あの優しいひとときに 帰りたくなった

乱れる 拗れた 心持ちの 琴線を

櫛梳るような 

そんな気持ちにさせてくれる本

愛しい

一週間の変化

2014 年 4 月 30 日 水曜日

先週のこと今週のこと

先週

保育仕事の車停めどころ横の 蒲公英先生

すっかり 刈り取られていたのですが

つんつん 緑が見えてもいたので

きっとまた…ね と思ってました 

うっすらと

しかし 本日

まさかここまで?てなくらい

さわさわ繁りまして

あぁ やはり さすが!と

なんだか 最敬礼などしてしまうのでした

爪があるなら

その爪の垢 ください気分

しろばなさん

2014 年 4 月 30 日 水曜日

しろばなたんぽぽわたげしろばなたんぽぽ

とあるところから

うちに来ていただく 企みをしていたものの

ちみっと遠い

さて どうしたもんか…と 思いめぐらせておりましたが

思いがけず 

昨日 行った お墓にて 発見

しかも素敵に 綿毛になっており

わ~♪是非うちへ おいでくださりませぇ♪と お招き

まずは 草むしりの標的にならぬ 植木鉢へ

咲いてくれるといいなぁ

上を向いて 歩かない

2014 年 4 月 30 日 水曜日

でも見上げちゃう昨日からの目眩

ほぼおさまっているようで

じつは 蓋の開いた小箱に入ったまま

すぐ傍らに おいてある感じ

グッと上を向いたら 

あたくしを呼んだ?と

そこから ぬるりと 顔を出すみたいなのでした

出てくんなや

…とかいいながら

も一回 上を向いてみたりしてね

フェイントかけてみたり

あれこれ試して

どうすると何が起こるのか

ためしておる 保育園 お子たち昼寝のひととき

それ以外とりたてて不調はないみたいなので

なんとか 乗り越えられそうですわん

おおお 育っとる♪

2014 年 4 月 30 日 水曜日

ぴかぴか県美術館隣の コンビニエンスストアの前にある

すずかけさま

ちいさいはっぱちゃんが

ちょっと見ないうちに

ぐんぐん 大きくなってた

あ~♪

動いていないような あなたがたのほうが 
ずっとずっと 動いているね

わたくしも ふぁいとだな

見えなくてもそちこちに

2014 年 4 月 30 日 水曜日

貴重な一個は 母へ…かな昨日の

ごんぎつね筍

未だ くたさったかたは 謎のまんま

今朝は 昨夜の ほぼ筍そのものは 残っておらぬ 味噌汁

でも 姿はなくても 汁全体に 

筍の存在感

むううううん♪

からだの細胞一つ一つに

あの にょきにょき感を 染み渡される

んまいわ~♪

こっそり不調

2014 年 4 月 30 日 水曜日

快適店内そういや 冬タイヤのまんまだった

しかも オイル交換も かなり 目安を過ぎておった

…てことで

お墓→菜の花畑→買い物 のあとに

しぱぱっ と Honda Cars 角田 天野さんとこへ

ここの社長さん…「岩音ちゃん」は

うちのなくなったじいちゃんと 大親友だったかたの 息子さんで

岩音ちゃんが 生まれたとき なかなか母乳がでないようだ…と きくと

牛の乳しぼりて それを 幼いわたくしの母 「五十鈴ちゃん」が 届けに走った…という辺りからのつながりなもので

母のことも たいそう心配してくださって

しばし そんなこんな お話しいたしました

んで その時 有能補聴器オーティコンアジャイルプロライトミニさん 装着していたのに

なんとなく 聴こえがいまいちで

入れる角度のせいかな?と いじったりもして

まぁ そんなに気にもとめなかったのですが

夕食前

最近では 仕事の前の日は 酒飲まないのに

ちょっとだけ…なんつって ヱビスさま ぷしっとして

いい心持ちでした

…のに…

食後 酔いからきているのかなんか

突如 ぐうるり気分

おや?こんなの 暴飲しなけりゃお目にかかれない 久しぶりな感じ

こりゃいかん と

なにも言わず 自室に引っ込んで 横になってみる…

別に気持ち悪くはない

起き上がると また ぐぅるり

まずいな…

そのまんま 二時間くらい じっとしてみた

少し 落ち着いたかな てな頃

母から電話「おかさんもう寝っかど思うんだげんとも マッサージお願いしていい?」とな

今行こうかと思ったんだけど 実は 目眩して休んでおったのぢゃ も少ししたら 降りていこうと思ったんだ と 伝えると

「無理しなくていいよ あんだの身体 大事なんだから」と いってくれたものの

少ししてから 母ベッドへ

「あんだ無理しなくてもいいのにだいじょぶがい?おとさんさ『あやこぐあいわるいんでないか確かめで』っていったのに『疲れでんだべがらそっとしといてやれ』つって全然確かめでもけんねで ひろしはひろしで呼ばっても電話かけでも出ねで ひろしんときみでぇに あんだまで 倒れらったらなじょんしたらいいが 確めだくても 歩がんねぇし…」と 心配のあまり 泣かせてしまいました

もう落ち着いたし ほら 大丈夫だからさぁ と いいながら マッサージはじめたのですけんど

しばらく めそってました母

すまぬ…

んで どうも聴こえが もんやりしていることに気づく

そういや 買い物の時も 一瞬 ふらり てな 瞬間あったよな

三半規管 MY蝸牛ちゃん辺りの 不具合かな?

補聴器デビューの きっかけになった

四年前の 一時的突発性難聴風のなんにゃらか?

続くようなら また 診てもらわにゃならんかのぉ

なんて

箱根細工スケジュールを思う

自分一人のことじゃなくなるからね

まぁいいや なんて
 
存在にも扱っていられぬわね

おかげさまで 以前より 丁寧に 生きてる気がするです

ごんぎつねたけのこ

2014 年 4 月 29 日 火曜日

うちの玄関に

筍を 届けてくださったかたが おられるとか

あんちゃとわたくし 出掛けておりましたもんで

よたよた父が

玄関にたどり着いたときには 既に

届けてくださったかたは

去られたと…

むむむ

どなたでしょう?

ごろごろ筍たらのめこしあぶら

以前 母がお世話になっていた 舟山先生という 書家のかたが

よく ごんぎつね的 野菜やらあれこれ こっそり玄関お届けしてくださってたったなぁ なんて

懐かしく思うです

わからぬまんま ありがたくいただきました 

んまくて 画像手振れまくり

別のかたからいただいた たらっぽと こしあぶらも 天婦羅にしてもらい(本日は全面的に父が料理担当)

ほんと 感謝 しきれぬです

顔本不調

2014 年 4 月 29 日 火曜日

情報の共有など

便利さで 気軽に 利用しております 顔本(Facebook)

登録しておられず 見ることのできない方のためには

画像や 情報を 保存したり 複写したりして

こちらでもなるべく お知らせできるようにしておるものの

複写できんものもあったりするので

文字 打ち直して お知らせしたりするのですが

めんどくさ病の わたくし

時折 すっぽぬけたりもして

手違いすれ違いを 生じさせることもあり

申し訳ないですだ

今や ブログと 顔本と 両方見てくださるような 奇特なお方も おられまい と

以前は ブログと 顔本の書き方を変えておったりしたのを

たかをくくって コピーペーストなんてな安易な方法で

両方おんなじにしてしまうことも しばしば…

したらば 言われました

「最近 ほぼおんなじにしてんのね」とな

ちょ とちがうこともあんのよ

こっちの方が 写真たくさん載っけるとか 
あっちでは ちょいと聞かれたくない話をこっちでするとか ね

わざわざこちらへ訪ねてまで 詮索するこたぁあるまい…と

これも たかくくりですが

まぁ なんつうか 手軽気軽に いんたなしょなるに 情報公開駄々漏らしている割りには

ちっとは 気をつかってるのですわい

今日 昼下がり辺りから

顔本が 投稿できない状態に陥り

しばし アップデートしておりませんで

なんか このまんま あっちもこっちも にしないで

古巣の ブログだけにしちゃってもいいかなぁ とか 思いつつ

しかし あちらはあちらで 駄々漏らし お馴染みになってしまい

「不具合大丈夫ですか?」などとも心配されてしまい

う~む 

こんなどうでもいいようなことばかり こぼしてる わたくしに

あっちでもこっちでも お心遣いいただいてしまうなんて

ありがたいです

…で 顔本の始めたきっかけは 

震災後 ふとしたことで繋がった ドリアン助川さんの 「奥の細道自転車紀行リアルタイムレポート」絡みであった…と 以前お話ししたことありましたが

そんなこんなを「やむを得ず 苦手だけど 始めてみる」と 言ってましたが

「苦手とか言ってた割りには はまってるよね」と 助さん本人から笑われました

はいはい 

出しておかないと 病でも 発生するのか?くらいの勢いですもんね

震災後 特に ブログの 一日の投稿数が増え

それが心持ちの助けとなり

顔本をはじめて 更に 拍車かかり

こういうあれこれが とても 自分のなかで 

大事なことであることも

これからに繋がる ひとつの里程標のような存在になっておることも

自覚いたしました

で「そこまで頻繁にあっぷするなら LINEとかツイッターとかやればいいのに」との お誘いをいただいたりもしましたが

あれはちょっと 勘弁です

もっと 四六時中 繋がったり公開するほどの こころとからだをもちおわせておりませぬ たぶん

ま そんなこんな あいかわらず ぐだぐだですけど

懲りずによろしくお願い致しまするるる♪

曇り空で ひかりの色で

2014 年 4 月 29 日 火曜日

ひかりひかりナガメはいないのかな?助さんの本読むと「ピンザ」などと呼びたくなるかもねよってよってよって怯えさせたごめん

なのはなばたけは

あわあわした 曇りの空から

ありったけの ひかり色を吸い込んで

まぶしかった

山羊のひとみが眩しそうだったのは 

横一文字の瞳孔のせいばかりではない気がしたりもして

同じ高さで まぶしいね なんていってみたりもして

はた迷惑

山羊の目って めんこいね と言いかけたら

あんちゃ「めんこいね」のところに

「こわいよね」と重ねた

感想それぞれ