2014 年 1 月 のアーカイブ

ふざけたリズムで夜は更ける

2014 年 1 月 31 日 金曜日

ふらんすえげれすひろしまかくだシュナップスとして

タンカレー ジン ストレートで ワンショットだけ と思いきや

広島レモンが未だあったのを 思い出し

ソーダ割り

MERE POULARD Les Galettes Mont Saint Michel…

おフランスのガレットと エゲレスの酒が 広島につれられて角田で手を繋ぐ 国際平和~♪なんつってたら

ちょいと いい気分になって

すこうしだけ また な行の 宛名書き始められました

…なんつって 呑んだくれてばかりじゃないことを表明いたしたく

また たぶだぶな 駄文したためたりなんぞして

集中してやらんか!ですけど

捗らないこと輪をかけて土星の如し

2014 年 1 月 31 日 金曜日

シュナップスとして最高に良いナイス音響の魔術師 本儀せんせいが

顔本にて よく「ジントニック時間」てな 発言をされており

つい何日か前に タンカレーNo.10の 名前をあげて

ああぁ 久しぶりにのみたいっ!と おもっちまいました

一時期 ジンに はまって あれこれ飲んだなかで

一番 タンカレーが好きになって

しばし 部屋の常備酒にしておった

No.10てのは タンカレーのなかでも ちょいと高い 特別な感じのもの

瓶も お馴染みの 円柱でなく

四角くて しゅるんとしてる

久しぶりにのみたいけど

今 酒なんぞ呑んでる場合ではないかんじもあるのだよね

なんつって しおらしくしてましたが

本日 雪などちらつき

お年賀書き 後半戦に入るに当たって

なんだか きうっ!と 少量で 内臓を熱くして ヤル気出させてほしくて

つい購入

No.10じゃない お馴染みの方にしときました

きゅりりりっ♪と 開封して 匂いかぐ

かぐわしき~♪

ぐおぉ お久しぶりのおなつかしや~♪

なんて浸ってしまい

年賀書き捗らないこと輪をかけて 土星の如し

あ~ もう今夜は じたばたせんで

このまんま たゆたうだけにすっかな

毎晩そんな感じか?

むうぅ

旧正月も 越えてしまうかも…

おやつ時間に

2014 年 1 月 31 日 金曜日

早く食いたくて手ぶれ雪舞い散る 仙台にて

3月の舞台の打ち合わせ

打ち合わせ後半は 己の腹の虫の鳴き声が ほぼ間断なく聞こえて

ちょいと トホホな感じでした

その後 やっとこ 昼飯

おやつ時間だけどね

生まれてはじめて 釜あげ並…丸亀製麺 西中田店にて

大袈裟ですけんど

釜あげは いつも大か 特大にしてしまっていたので

並くうのは初てことです

昼時間に 食事しそびれたとはいえ

今 ガツンと食べたら

夜ご飯に お腹すかないだろな なんてことを考えたわけです

夜のことを考えて 昼飯食うなんて

大変な食いしん坊のようではありませんか

いや しかし 並だって 充分な量なのですけど

いつも つけだれが も少し薄味だといいんどけどなぁ と思ってたもんで

今度食うときは お茶出し機械にある お湯を 注そうと 心に誓ったのに

お腹空きすぎて わっしわっしはふはふと かっこみ

終わってしまいました

これを 食いしん坊といわずしてなんという?てな気持ちもありつつ

空腹のせいだね

どんなときも 慌てないで 優雅に食べたいものですわ

慌てないでのろのろ食べるのは 得意だけど

優雅部分は ちと難あり

座蒲団なる

2014 年 1 月 31 日 金曜日

乗り上げむきかえ

昨夜 布団に入って

腹這いで ものを見ていたら

肩に 乗り上げるものあり

ぴっちっちっ お偉いさん

で…どうしろと?

いつものようにかりかりするには 手が届かないし と 身動ぎしたら

動くなっ!とばかりに ちちちっ と 鳴かれました

あぁ 座蒲団でいろということか

かしこまりつつ承りました

居酒屋惣菜風

2014 年 1 月 31 日 金曜日

朝昼夜同じものを食う

弁当用の おかずを作って

小丼に お裾分け

なんだか 居酒屋の カウンターのようでもあるな なんて

朝から 夜のようなことを 思う

ないことをみるでなくあることをみよう

2014 年 1 月 30 日 木曜日

こんくりからのげし母ったら「またトイレで転んだ」と 萎れていた

どうしても 注意が向かなくなってしまう 左側の 車椅子車輪が 引っ掛かっているのに

そのまんまごり押ししようと 進もうとして ずり落ちた…とはいえ

なんと 右手にて 全体重を支えたのだとか

以前2回 車椅子から 投げ出されるかたちになったときも

同室の方やらに 気づいてもらえて 看護師さん呼んでいただいたのだが

今回も 以前の 同室だった「せっちゃん」が トイレの向かい側の部屋に移ったもんで

またもや!助けていただいたと

「さっぱりよくなんねぇのに ろくなことしねぇでまた…」など うえぇ と 涙

あのさぁ アオタン一個も作らんで 右手でなんとか庇えたって すんごい進歩じゃないか?しかも 仲良しせっちゃんにまた 助太刀してもらえて 事なきを得たなんて ラッキーだし 成長が証明された日なんじゃないのよ全く 悲しくて泣くんじゃなくて 喜べっ! 母のいままで持ってた いいところ…ぐにゃけても 切り替え早くて楽観的なところ 最近 しおれてるから それもリハビリで復活させていこうね ほれわらえわらえ♪

まぁ 萎れるのも無理はないのわかってる

他人事だと思って 残酷な言いかたしちゃってるのだろうとも思う

でも いまはとにかくそうやって けしかけていこうと思う 時には あまあましながら

そんなこんな話してるうちに母 気が済んだようでもあり

「あんだに会えて ちょっぴり泣いたら落ち着いた…ありがどなぃん」と

できなくなったこと できないことばかりを拾わないで

できることを拾っていこう

それがまず一番だべ

どんなとこでも 咲いてゆけるよね

ひかり 駆ける

2014 年 1 月 29 日 水曜日

ひかっているのはなに?みんながひかる

ひかりに向かって

駆けていった

みんなのえがおが

ひかりだった

二度寝阻止 黄金の前足

2014 年 1 月 29 日 水曜日

黄金の前足早めに 目覚めても

温さ 名残惜しくて  

もぞりもぞりと 布団のなかで 身動ぎ

…てなところに ひた ひたり と

顔を踏んで行く ひやっこい感触
 
ぴちこさまでした

お陰さまで 寝坊しませんでした

爪の間に がっつりつまった猫砂に まぶされようと

幸福者ですわ

嬉しいような面映ゆいような

2014 年 1 月 29 日 水曜日

開いてますがなのろのろお年賀 届きました連絡が

ちら ほら と 返ってきたりもして

そんななかに とある素敵♪と 思ってるかたから

また 会いましょうね~なんて 言っていただき

「でも僕はあなたにふられたことがあるから」なんてなことまで言われた

え?なにをおっしゃるうさぎさん

そんなごたいそうなこと したこたぁございませんけんど

よく聞くと たまたま近くにこられたときに

タイミング合わなくて 行けなかったこと てのが

どうしたことか そんな話に受け取られたらしい

ぐお~残念

そのとき そんな風に 思ってくださったのかぁ 脈あったのかぁ なんてなことを

だはだは なんて 照れたりしながら

表裏ひっくり返すみたいに なんども 見直す

でも もう何年も前のことだし

今さらどうするって話にも発展しないことなんですけんどね

だからこそ 気楽に あら嬉し なんて言えるのかな

う~む

花の蕾の 思い出の如し

夜中に ちと 華やぐ想い

そうそううまいこといかんもんだが

2014 年 1 月 28 日 火曜日

皮たち本日は 比較的 時間の余裕があったので 
夕食は わしが 餃子をつくっちゃる!宣言

一瞬 父の 口角がひきつったようでもありましたが

主夫休みたがってたものね

米研ぎ仕掛けだけはやって

茶の間に引っ込んでくれた

たぶん 見たら 一言二言三言四言 言わずに おられなくなるてこともあるからでしょか

昼下がりに 練り練りして 寝かせておいた 皮用の 粉にらがうるさかったようです

飯台そのまんまに 打ち粉ぶちまけて

のばしました

あ~♪楽し

でもね 分量も適当だったし

夢のようにうまくできるとは 思ってませんで

案の定!ですわ

小さいフライパンに ぎちぎちにならべたもんで

火が通りすぎたところと 通りにくかったところと

むら ありまくり

「全部固いなら固いってならば覚悟できるけど やっこいとこだの固いとこだの混ざってて 歯にくっついて…」と 終始 困り顔で 食うてました 父

しかも 焦げてるくせに

生っぽい感じだと

あとから帰ってきた あんちゃのは しっかり焼いたのだが

「皮まで作ったのすごいけど 皮…邪魔」と あんちゃ

ま 次回やるとしたら 水餃子にしてみようと思う と言ったら

「あぁその方がいいかもね まぉしばらくやらなくていいけど」

むしろやってほしくない風でもありました

まぁ そんなこんないいながら 食べるのも 楽しいやね