野薔薇の実の赤き傷み

のばらのみのあかきたおらばたおれおもひでぐさにきみをささん

歌うように触れた君に

ざっくりと刺された

じくじくといたむ そこ

おもひでというには まだまだ なまである

この投稿は 2013 年 12 月 31 日 火曜日 01:13 に ブログ カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ