2013 年 12 月 2 日 のアーカイブ

お歳暮準備の波に呑まれたり

2013 年 12 月 2 日 月曜日

ささやかな優しさ溢れる先日

母から頼まれた お歳暮準備

手抜かりが 数点ございまして

再び 三越へ

手続きもの 二点

どちらも 待ち人数 数十人

あが~

人を朦朧とさせて あれこれ買わすつもりじゃないわよね!?てな もやんもやんの 暖房のなか

しおらしく 待ちました…案の定 ねむかけ

わたくしの待ち番号を 何度も連呼してくださったらしい

あわわ…なんつって あたふたへどもど 要領を得ない受け答えにも

営業スマイル そつなし!

さすが 天下の三越さまざます♪

これが年末商戦というやつなのね

またされても 荒れる人もいないところも

三越さまの お客様ざます…なんか 妙な 口調になって申し訳ない

ばかにしてるわけじゃありませぬ

三越さま絡みのお仕事 させていただいたことがありましたけんど

社員のかたが 本当に 誇りをもって 喜びをもって ここで働いている…というのを

ひしひしと感じて

感動しましたもの

暖房に 酔ってしまって ちいとふらふらしちゃいましたが

風に 晒して

久しぶりに フルセイルコーヒー…気仙沼発の 地元愛やら 地球愛溢れるお店…で

シンプルソーセージドッグと 珈琲いただいたら

なんだか今日は ちゃんとした人みたいにできたぞ…などと

こどもがおつかい成し遂げたようなきもち

あ…でも 初めてのお歳暮おつかいではあるな

だからなんなんだって話しだが

冬の蟷螂

2013 年 12 月 2 日 月曜日

うつくしいまま隅々まで蟷螂としてのいのちてのりかまさん

荒々しい鎌の振り上げもせず

しずしずと 草に 身を預け

風に ゆられるままで

降り落ちた体を 掬い上げて

これからどうしたいのだね?と 問うても

小首傾げるように 見上げるばかりで

そうか 風に揺れるままでよいのか と

また 草の傍らに 置く

きっと立派に 繋いだのだね

おつかれさま

土が 抱いてくれるよ

相も変わらず 変わり者で

2013 年 12 月 2 日 月曜日

なかなかに素敵な模様です道端で 
 
久しぶりさんに「元気ないみたいね どうなさったの?」と 

労われてしまったけど

うつ向いていたわけは 

道路に貼り付いた 葉っぱに 見入ってただけでして…といったら

「あら相変わらずおほほほほあんしんしたわぁ♪」と 

歌うように 去ってゆかれた

相変わらずの おほほほほ♪に

わたくしも安心しましたわよぅ

久しぶりに やんちゃさんたちと

2013 年 12 月 2 日 月曜日

今日も良い日だよリトミック仕事 

二週続けて 母病院関係で お休みいただいてしまい

お久しぶりですぅ…なんて

ちみっと 腰低く まいったれば

「あぁっ!りごみっくせんせだぁ!」と がっつり指差してくれるお子やら

「あのね ○ね パパとママと お買い物行ってね △買ってもらってね そんでね こんどね…」と 話始めるお子がいりゃ

負けじと あたしあたしお話マシンガンが あちこちから 炸裂

いいねぇ 相変わらずで

押さえられないおふざけも

ひどい怪我にならないならばよい

度を越しそうなときだけ 凄むけどね

ははは

ピアノ習ってるさんも

習っていないさんも

メロディーパイプで『ジングルベル』のワンフレーズ 叩いてもらった

どうだ見たことか♪てな あたし知ってるもん顔も

知らないのにできたぁ♪てな 思いがけぬ嬉しい顔も

みんな ぷううん♪と 柔らかい風船みたいに 膨らんでた

あれこれあったりなかったり…なんてどうでもよくて

「いまここ」が こんなにも 柔らかく膨らんでいて

いうことなし♪な 澄んだ高い空の心持ちでしたよ

ありがとね