2013 年 12 月 のアーカイブ

わたくしがわるいのてございます

2013 年 12 月 31 日 火曜日

うししりはんこひざにうし

茶の間で 年賀色入れ続行中 

いえね 自室が寒いだけでなく

昼下がりに ちちとあんちゃが 母病院へいってるあいだ

電話やら お客様対応せにゃならんで

二階にいると聞こえないのですよ

んだもんで 昼下がりから

茶の間の住人です

んで インクが乾く前の 年賀をふまれ

尻をおとされ

下になにかが潜んでいるのではないかと 突っ込まれ

その飛びに

ひゃ~!やら やめれ~!やら

叫んでしまうのですが

まぁ 邪魔されるというより

わたくしが いつもの 猫通り道に お広げさせていただいてるわけで

わたくしが邪魔者なんですのよすみませんすみません など へりくだってたら

うっし~から 膝に乗られたりもして

ううぅ 重い

はかどらないけどまぁ 幸せです

ついに鮭耳石か?

2013 年 12 月 31 日 火曜日

ここに記憶が亀裂か合体か

さげのぅ…塩引き 荒巻鮭の頭を

まるごとわたくしの 探索食としていただく

今まで 何度も 食したのに

いっこうに 耳石見つからず

ネットで検索しても お目にかかれずにおりましたが

もしや 先程得たものが

鮭耳石?

舌触り歯触りは 紛れもなく 耳石的

一組というよりも

二片が 合体してしまっているようでもあり

もしくは 一片に 亀裂が入っているのか?

ベロに乗っけて

しばし解読を試みる

あぁやはり なんも 読み取れぬ

でも 海へ出て 川へ戻り 遡りしたものなのか

出っぱなしだったものなのか
 
わからないけど
 
生まれた水の匂いを たどれる あなたのちから

こしかたゆくすえいのちまるごと

いただきました

正月お花風

2013 年 12 月 31 日 火曜日

正月風お作法通りが ことごとくなっておらぬですが

とりあえず 玄関花を

正月風なものにしてみました

これ クリスマスにも見たな といわれましょうが

かまねぇっす

めり~♪のときに あんどはっぴ~にゅ~いや~ ても言うし

松ぼっくりと ドイツトウヒぼっくり…めでたきこと重ね重ね来そうでしょ?

物をたいせつにしましょう 

庭の 南天と 松の小枝

ちゃちゃっと 挿してみました

ま そんなこんな がさつにしてても

しずしずと 時間は変わることなく 歩みをすすめてゆくものですな

よいお年越しと輝く明日でありますように

残念百合根

2013 年 12 月 31 日 火曜日

悲しい色や根お節をきちんと作ろうとしておりませんで

父の煮た 艶ぴか黒豆と あおばた豆と 人参スルメがあるから よかろう ということにしておきましたが

も少しなんか…と 思い立ち

なんとなく 百合根って おすましな感じで

新年を彩るのに 素敵かも♪と

庭から発掘してみました

野性的な 白地に 黄ばみ…毒はないはずだ

以前食っても 大丈夫だったし

…しかし

割烹て見るような 美しき仕上がりにする腕のなさが ネック

桜色に 縁を染めたようなのあったなぁ♪と思って

茹でながら

おぉそうじゃ 父の煮た黒豆の汁に クエン酸入れて 華やいだ赤紫にすれば

染められるのでは?と 

やりました

あが~…

それぞれが お互いを 引き立て合うつもりなど毛頭ありませんのねあなたたち的 台無し感

それぞれは いいこですのにね

ざんねん

責任とって ちちとあんちゃが 母病院から 帰ってくる前に 食いました

百合根すまぬ

ちと 悔いました

猫の手に慰められつつ

2013 年 12 月 31 日 火曜日

爪注意なんだか 葛湯の中を 歩んでいるような 
もったり感

体内バランスの 乱れもあるのだろうけど

なんとも 端からみたら

単なる 怠惰野郎

はかどらぬあれこれに

更に 気が重くなりそうですけんど

猫の手(ぴちまえあし)に 

ぱふぽふ としったげきれいしても

年賀状色入れ始め

2013 年 12 月 31 日 火曜日

小火鉢茶の間で やると

年末年始の役にもたたねえ邪魔者としての存在が 浮き彫りになるので(すでになってますがな)

外気温とほぼ同じ 自室に引き上げ

お年賀 色入れ開始

しかし 猫穴から 吹き込む風が 冷たい

んなもんで ひさびさに 

火鉢に 香用の炭団おこして

指先温め対策

過不足なく温かいと だらけてしまうし

温かさが足りないところでの 仄かな温かみって

灯るわぁ♪なんつって

お香まで焚いたりして

あらやだ 本文が全く進んでないでやんの

ま 辛くならない程度に がんばるで

長い目でみてくださりませ

梅は咲くんだぞ

2013 年 12 月 31 日 火曜日

もう準備は進んでるんです寒いねぇ なんて 

縮こまっていったら 

「ちゃんと咲くから みてらっしゃい」と

はきはき返されて

あ なんか じぶんが 恥ずかしいな と 思う

野薔薇の実の赤き傷み

2013 年 12 月 31 日 火曜日

のばらのみのあかきたおらばたおれおもひでぐさにきみをささん

歌うように触れた君に

ざっくりと刺された

じくじくといたむ そこ

おもひでというには まだまだ なまである

馬だか鹿だかキリンだか

2013 年 12 月 30 日 月曜日

年賀状下絵

疾走中

まだ 半分いきませぬも少しで半分

しかし

単純作業的になってくると

線がよれて

いつしか 己が描いているのが

馬だか鹿だかキリンだかわからなくなってきて

どうみてもこりゃ バンビ!?てな感じにもなってきて

時折 茶など 飲んで

と 一呼吸おかないと いかんです

あまり休み休みするので

父が「はかどらせろ 大丈夫だ ちゃんと 『んま』にみえる」などと

珍しく口を挟む

あまりに だらだらしてるのをみかねた感じでもありますけどね

流れ作業ではなく

大好きなひとに伝えたい♪てな気持ちを

一枚一枚 筆にのせてはしらせてゆく

…とかいってて あ”あ”またキリンだこりゃあぅ!など

声を荒げる 茶の間にて

部分解禁

2013 年 12 月 30 日 月曜日

いかないとわからんてのもなんだね母のところの面会

制限つき解禁になりました

行ってみてわかったのだけどね

年内一杯で解除になるかもしれない…ときいて

うっかり自粛してたもので

3日行かなかったのですが

その間 母ってば

わかっちゃいるけど寂しい てとこにおちこんで

今日行ったら 萎れまくってました

元気無い顔してるね といったら

元気なんてない…誰にも会わんなくて…

なんて もう まっすぐ素直なさびしんぼさんになって

泣いてしまいましたとさ

あぁ

そんなことで と思うは容易いが

痛いの辛いのを まだまだ受け入れられずにいて

心細い追い討ちもくりゃ

元気も出まい

元気だして頑張って笑って…なんて 残酷夏の日陰のない広場みたいなこと

言うべきじゃないですわな

短時間で とはいえ

少しだけお目こぼし的 長居させてもらって

なんてことない話をして

にゃんこの絵なんかも描いて辞す

面会禁止だから行かずにいることで ちみっとのびのびしてしまっていた自分を ちょ と 省みる

帰り道で こんだぁ わたくしのむねのうちに 萎れ汁みたいなんが 沁み出してきて

かなしくなった

かなしくさせないようにしよう

かなしくならないようにしよう

いろんなこと 楽しんで乗り越えていくって 言葉だけにならないように

こんなんで 泣いてるなんて

ちゃんちゃらおかしいっすもんね