2013 年 5 月 のアーカイブ

夜の保育園にて

2013 年 5 月 31 日 金曜日

ぼ~としてしまうこと 何分かこのまんまでは遅刻するのわかっていて

つい夕焼けの橋の上で

ぼ~…など見とれて

遅刻上塗りいたしました

すんまへん

しかも本日

帰るつもりで 参りましたが

何だかんだやっとるうちに

帰ることのできない時間迫り

園長先生が落とされた コンタクトレンズなど 探したりもして

見つけたものの

唐辛子がのっかっている排水溝の網のところにそれがあったりもして

それをつけるのはまずかろう…などと

ふらつく 園長先生を 抱えたりして

結局 園長せんせと二人 保育園に お泊まりさせていただきます

コンタクトレンズ見つかって ほっとなさって 寝息をたてる せんせのよこで

ぷしっ とか またやっておるのは

誰か

…まぁ なんつうか そんな夜もまたよろし?

保育園で呑む

2013 年 5 月 31 日 金曜日

えんちょうせんせかこんでいろんなゆたかなかたがたいただいておりますえんちょうせんせとわたくし

『ぐりとぐら』でおなじみ

中川李枝子さんの 著書『おひさま原っぱ保育園』からはまんまお名前をいただいた ご縁で

なにかと著者 中川李枝子さんから お心遣いいただいている

幸せな 保育園

本日 こちらで 中川李枝子さまからの お志いただいた ご飯&お酒会です

懐深いかたがたあってこその お仕事させていただける 光栄

本日あらためて 噛み締めておるところ

浮かれてうっかり

2013 年 5 月 31 日 金曜日

下りに乗るの 何年ぶり!?振り上げただけですからうっすら葉っぱいろ

本日

おひさま原っぱ保育園 お食事会の前に

久々に 笑顔カレンダー きっか~青年に 会う

彼女もつれてきてくれる とか

わくわくぢゃ~♪など

浮かれておったら

仙台方面へ行くのに乗るの 久しぶりのせいもあってか

到着時間 見間違え

ひ~

十分ちょい 遅れる模様

すまなんだす

ちみっと落ち込んだりもしたけど

ゴイサギうろつく水田の美しさや

ちょこ とした山あいのあたり

開いている本が 木々の色に染まって

気分よいです

日向から 木陰 日陰へ

2013 年 5 月 31 日 金曜日

横に座りたい邪魔しないでくだたいいぬばしりねこころがり気持ちよい

気持ち良さそうなところに

にゃんこさまたちあり

そろそろ 蚊も ではじまってますけど

ほんと いい場所選んでます

道楽昼食

2013 年 5 月 31 日 金曜日

たいへんにあぶらっこい今日は みんな 出掛けてて

一人だ~てことで

冷凍していた アトランティックサーモンを

ぐだぐだ 煮て

朝つくったポタージュスープとか そこいらにあるものを…と 思っておったら

あんちゃを 病院に 送迎した 父帰る

あれ!?昼御飯くぅてきたの?と 訊いたら

「食ってねぇ」とな

しまった…

でも 父としても ちがうよなぁ…鮭の耳石はいずこ?

怪しげな ぐだぐだ鍋類を ちらりと 見て

巻き込まれたくない と 思ったのか

「おれは お茶漬けでいい」と

妙なものいれてないから…と 断りながら

ポタージュや 庭の苺を 混ぜた ヨーグルトなどは 食ってくれました

ところで アトランティックサーモン…やはり 耳石らしいものが見つからなかった

それっぽいものを取り出してみたものの

耳石らしくなく

弾力があるようだし…

鮭って 骨が 全体的に弾力あるから

耳石もそんなんですかね?

鮭類の 耳石って

図鑑の サイトにも 鮭の 画像が載ってなくて

今後の探索の楽しみでもあるわな

歩き出す勢いをいただく

2013 年 5 月 31 日 金曜日

もう少しで お出掛けか!?方向を指し示していたりもして葉っぱのいろ

ほったらかし農法 わが畑

今朝の人参も 葉っぱ ヤル気満々で

菜…の 根っこは

ほっとくと はいでて どっか行きたそうです

すまん わたくしの腹のなかに来てくれ…てことで

葉っぱまずら スープに変身していただく

さあて

歩き出そう

さみしさの もと

2013 年 5 月 31 日 金曜日

さみしさは だれが 運ぶの…てのは

懐かしの あんべ光俊さんの『ささやいて』の 歌詞だったな

しかし どこから来るのでしょうね

寂しいなんてな 感情は

昔から 人といればいるほど さびしい などと思って 困った

皮膚という境界線があるかぎり

ひとは 一個でしかいられなくて

それは 融合したいのに叶わぬ 不足感なのか

思い通りにいかない 失望感なのか

もっとほしいと欲張って 得られない 欠落感なのか…

原因がわかればまだしも

なんやらよくわからん 寂寥感みたいなもんが

しみしみしみと 染みてくると

また これは 別の 物質に近いものでもあるのかしらなどと

腹の足しにもならぬことを

思ったり思わなかったり…

緑の声は 聴こえない

2013 年 5 月 31 日 金曜日

あさつゆおはようひねもす のたりと

草ぐさばかり眺めているので

「さぞかし 緑の 草や 樹の 声が 聴こえるのでしょうね」などと

真顔で 言われたりして

本気で訊いてきてますのんか!?

聴こえません…というか

聴こえた気になっていたことがありましたが

なんというか 悲鳴のようなものが多くて

辛い

聴こえてるってこと!?

いえいえ

そんな気になっただけですよね

というわけで

都合のいいことばかり 言ってるだけで

決してそればかりじゃなかったりもして…

研ぎ澄まそうとか し過ぎると

日常生活から 逸脱の扉が開いて そちらへ お出掛けしそうな感じがあったりして…

雨多い時は そんなあたりの 境界線のようなものが

しっとり濡れて 曖昧になりがち

ま 想像力…てことに しとこ

まみれたい

2013 年 5 月 30 日 木曜日

ぶたなにはち花粉まみれの 蜂 ぶんぶん

あちこち 花からはなへ

忙しそう?

嬉しそう?

わからないけど

辛くはなさそう

好きなもの

焦がれるもの

その身に必要なもの

いとしいものに

わたくしも

まみれたい

まみれたい

まみれたい

蒲公英せんせい 大喜び

2013 年 5 月 30 日 木曜日

よろこぶいろ本日の お湿りは

蒲公英せんせいも

つやぴかいきいきしていて

喜んでいる風で

なんやら わたくしも 無性に嬉しい

勝手に 先生など呼ばれて 迷惑 もしくは 全く意に介さないであろうけれど

代替わりしながら

もうなんねんも 慰め続けられているもので

ちょいと胸を 熱くしながら

種をいただく

これからも いろんなこと わすれそうになっても

思い出させてください

きっとこれからも あなたを越えられるなにものかを 自分が得られるとは思えないのだけれど