2013 年 3 月 25 日 のアーカイブ

花束のような 花

2013 年 3 月 25 日 月曜日

ブーケのようだねぶらいだるぶーけのようでもありさなおばの 玄関前の 沈丁花

もう咲いていた…びっくり!!

まだまださんばかりなので

ここは 何やら 特別の 感じだな

呼び鈴をならすまえに

思わずクンクンしてしまいまして

人影あるのに入ってこないのは何事!?と

心配されてしまいました

これから 人んちの庭先のに 鼻寄せて

怪訝に 思われないよう 気を付けなきゃ…

ふと サッチモの声が…

2013 年 3 月 25 日 月曜日

なんてことない田んぼ道日が沈む桜の樹にとまる 夕日

ちょっと 早めに 帰ることができる日って

すこうし うきうきする

夕暮れの 田んぼ道に 車停めて

朧に霞む 山並みを

ぼぅ と 半眼で 眺めたりして

ふと サッチモおぢさんの『What a wonderful world 』が 頭の中に 鳴り出して

あぁ そうだねぇなんて

相づちでも打つように

鼻唄 ひとくさり

のどかだねぇ

ネコまん届けて 猫に会う

2013 年 3 月 25 日 月曜日

タビィさんぎーさんわわちゃん

猫好きの さなおばに

ネコまん 届けようかと電話したらば

ちょうど なんにゃらか おかずをつくって うちに 届けたいと思っていたけど 足がない…と

ちょうど 迷っていたところとな

いいタイミング♪

んでもって まだ お会いしていない 新入りねこさまの 顔も 拝みに行った

フジコヘミングさんとこからやって来た タビィちゃんと ぎーちゃんの お二方先輩のところに 加わった…てのが

今 5ヶ月の わわちゃん

んもう なれっこいのいたずらっこなの…と かわいさ爆発

わたくしの携帯ストラップゲコライトに パンチくらわせたり

コートの中に潜り込んで 足袋の裏っかわ あむあむしたり…

うちの お二方と 違って 人見知りしないことしないこと

また 叔母の顔が とろけそうになってました

まったくもぉ…とかいってる わたくしも めんこめんこしまくりで

ねこばかたちですねほんと

花見に 最適

2013 年 3 月 25 日 月曜日

三色のたのしさ先週 ネコまんを買った 宝万頭本舗へ

本日も ふらふらと 寄ってしまいました

もちろん ネコまん目当てではありましたが

もひとつ 気になっていたもの…

三色の団子

ただの団子とみせかけて

中に つぶあんが入っているのでした

やっこい 大福とか すあまのようなかんじ

ぽにゃんと 優しい味でした

しかし 緑のは しっかり 草味

こりゃいいわ♪

会計の後 ご主人が「ありがとうございます」のあとに

「毎度…ありがとうございます」て

一昨日も来たこと 覚えててくださったような表情

なんか そんな 些細なことだけど

とても ほんにゃりと あたたかい胸のうちになったりする

しかも

その人が作ったものを その人の手から渡してもらって

やり取りできるってことが

やはり 嬉しい気持ちが 倍増しになる

こういう お買い物が 大好きだ♪

人肌のようでもあり

2013 年 3 月 25 日 月曜日

しあわせは パンの香りからも立ち上る土曜に 売り切れてて がっくし…の

自家製天然酵母バーニャのパンの 角食

本日は 手に入りました

バゲットも 買いましたが

ひまわりのような バーニャのかあさんから 受けとると

ほわわんと 温かくて

あかごをだくようでもあり

なんだか しあわせ気分

思わず また かどっこ あむっと やっちまいました

倒杭家の イヌフグリ

2013 年 3 月 25 日 月曜日

咲きましょう倒れた杭の間を 住みかと 定めた

おおいぬのふぐりさま

順調です

花は 遅めのようですけど

遮るものやら 競争相手がいないので

色濃くたくましく

今しばらく 整備もされないであろう 駐車場脇

花と実を 結ばせてもらいたいもんだ

1つの応えを

2013 年 3 月 25 日 月曜日

待ち焦がれすぎると

ほかのことが おろそかになる

色々なものを見落として

日常生活が 漫ろになり

ひとつところばかりに注目してしまうのだ

んでもって 待ち焦がれたそれは

やって来て一瞬で去ってしまうようなもので

嬉しいはずなのに

待ち焦がれた分

ずっと とどまらぬ 素っ気なさが 大きく膨らんで

また 足りなさばかりを 胸にかかえる

なんだろなぁ

いろんなものに 焦がれずに生きたら 楽なのかなぁ…