2013 年 3 月 9 日 のアーカイブ

あふれでる

2013 年 3 月 9 日 土曜日

たねつけばなの ろぜっとさんから ふんしゃいのちのふんすいが

あふれでるように咲く

春先のはなたちは

いつだって 喜びを かくそうともしない

ただ咲くのだ

ひたすら いきるのだ

それでいいのだ

そうありたいなぁ

再会♪「お星さま」

2013 年 3 月 9 日 土曜日

あのときのままの味だ国道113号線から 6号線に 出る かどっこに

船橋屋を みつけた

こちらの支店「瀬止凡(せしぼん)」が 今から 35年前くらいに

「角田ファミリーデパートゆやす」の中に出来て(いまはもうない)

そこで売られていた「お星さま」という
ケーキに しばらく 家中で夢中になった

なにかというと お星さまケーキ
はねこんま も ベストセラーおかし
そりゃもう おぇっと 飽きるくらい 食べつづけましたよ

帰りに すかさず寄って

買いました!!

一個しかないや…と 他のケーキ 選んでいたら

「まだありますよ♪」と とびきりのえがおのおねぇさん

やはり 今もこれが 人気ナンバーワンなのだと

他にもあれこれ お菓子買ったら やさしいふわふわ

震災後に 「焼きだし」した という 黒糖パンを いただいた

なんだかとてもとても 柔らかな気分になって

思わず おねえさんに「昔 宮城県の角田市に こちらの支店が あって もう むちゅうで このお星さま たべたのですよぉ…なんか懐かしくて嬉しくて…」と いってしまった

ちょ と 戸惑った顔を しつつも

にっこり「ありがとうございます♪」と いってくれた

あぁこれは このお店を 愛している笑顔だなぁ なんて思って

また 泣きそうになりながら

家路を急いだ

また こよう

親切テープ♪

2013 年 3 月 9 日 土曜日

親切テープ♪南相馬市立中央図書館の 気持ちよさは

そこにいらっしゃる 職員の方々にもよるのだろうな

みなさん いいの…なんだかとても

伝わる 届く 親切さ…てんでしょか

しかも こんかいの 朗読ライブの チラシが

貼りめぐらされていたのだけれど

それがすべて 「親切テープとめ」

まぁ わたくしが 勝手に そうよんでいるだけなんすけど
低くなったね…とはいえ
テープの はしっこ ぺたしと 折りくっつけておく あれ ですね

いいないいな 大好きだ こういうの

図書館長さん(早川さん…仙台出身だそうで、宮城県の図書館のひどさ!!についてもお話しして共感して頷いてしまいました) ひっつかまえて

ここの空間の気持ちよさを

心急くままに 伝えたのに

テープのこと いい忘れた

あぁもぉ…残念

こうなったら ラブレター書くかな

んでもって またこようっと
地球すべてに照らされる同じ太陽
そしてここで踊ったりなんかもさせてもらっちゃおかな…なんてなことを 思ってワクワク

しかも そんな折

声をかけてくださった方々がいて

助川さんの ファンの方やら お知り合いの方々だったのですけど

それがまた みんな 心ふかふかになっちゃうよな 良い方ばっかりなもんで

なんか 小鼻ふがふがしちゃって

はひはひして

ちみっと 危ないひとになりそうでした

そんな胸一杯の思い抱えながら 駐車場いって 夕日見たら

じわわん なんて なんか 染み出しそうで

ちょっと 深呼吸

あぁ いい一日だったね…なんて

声に 出してしまったよ

気持ちよすぎる 南相馬市立中央図書館

2013 年 3 月 9 日 土曜日

一番乗りのお客様(後に 壁井さんというかたであると 判明&おともだちになった)空気の巡りのよさでしょか?

建物も

建物周りも

気持ちよい

思わず 中庭で 踊り出したくなってしまいました

らりらりる~♪などと

ら行気分で
芽吹く桜中庭気持ちよす♪
木の芽 草の芽生え 見て ふらりふらりしておったら

アルルカンメイクの 助川(今回の名義は「明川哲也」)さんが出てきて

呼ばれてしまいました

「今日はありがとう…はじまるよ…」てな感じ

開演五分前くらいか!?

始まるっつうのに なにふらふらしとんねん…とか でないですよね?

呼ばれなきゃ 遅刻したかも など 思って ひやりとしちゃいました菅さんと 助さんの こんとらすとがなんともシュール

今回の 朗読ライブの 表題「ろうそくの炎がささやく言葉」通り

震災後に 多くの方が 寄せた 言葉を 本にしたものから 朗読されたり

また別の作品も 読まれたり(菅さん…「新訳・星の王子さま」助川さん…草野心平の詩や『あん』の手紙の部分)

言葉にまみれました

震災後 しばらく 被災地に寄せる思いを作品にしたものや

新聞の 比喩や 象徴や 意味付けが 気持ち悪かった時期があったのでした わたくし

「まるで地獄絵図」なんていわれると

遠い安全圏から まことしやかな 綺麗事をいったりしてるようで
勁草書房からでてます
なにかを貼り付けなければ ものをいいあわらすことができんのかばかやろぉ!!なんて 毒をはいたりもして…

でも 遠くても じりじりする思いや

歩いていけぬところへ 心を寄せて

縁遠いと 思っている人たちの心にもノックして

思いを言葉にたくして 寄せてくれること

何かあってもなくても ずっとそうして 人は 寄り添ったり してきたのだなぁと

少しずつ ゆるりと思えるようになった

震災後 すぐに 助川さんが 朝日新聞に 寄せた 言葉を受け取り

そこから繋がって 素敵な人たちと また 出逢えるようになって

そこにやはり 言葉があって

また 信じて 朗読などにも 向き合える気がするなぁ…なんて 思う

ありがとう…朗読なさった二人にだけでなく

どこみていいかわからないから

360°ぐうるりと 見回して そういいたい気持ち

評議委員会

2013 年 3 月 9 日 土曜日

るるる毎度 ぼやんと 座ってるだけなんすけど

おおむねの会議で こんなのってどうなの!?

質問ありませんどころか

質問するほど理解できてないのだね

ご予算の数字を 延々とききながら

すごいなぁこんな計算して…と おもったらば

確定申告のことを思いだし

心とんだりして

しかも ばたばた昼御飯食べたり 夜ご飯の準備して これから 南相馬へ向かう

「小走って 転ぶなよ」と 注意受けつつ

はじめての道

迷いませんように…

風強いけど あちこち

はる

はな

めざめてる

初!?

2013 年 3 月 9 日 土曜日

ジャガイモと玉ねぎの 味噌汁 あんちゃ作成朝起きたら

あんちゃ すでに 出掛ける準備

しかも 味噌汁ができておる!!

なんと あんちゃ 作成

うわわわ

生まれてはじめてみたかも…

四年前 あんちゃくも膜下出血で 救急車で運ばれるときに

救急隊員さんが 意識の確認のために 話しかけたら

何故か「味噌汁五杯」と 応えた なんてなことを思い出す

あぁ…なんて しみじみしてたら 屑籠に カップカレーの 容れ物

あんちゃ 自分はこれを食いましたのね

休みの日は 朝から こういったもの食いたいらしいからな…まったくもぅ

まぁ 健康生活が 崩れ落ちるのでなければいいのだけどさ