2012 年 12 月 のアーカイブ

えんやこら

2012 年 12 月 31 日 月曜日

かまぼこの薄さに感動やはりね 紅白歌合戦 聞き流し

年賀書きでしたか

三輪さんの『ヨイトマケの唄』は

作業の手やすめて

有能補聴器オーティコンアジャイルプロライトさん装着して

音楽モードにして いざ聴かん!!

てとこで 年越しそばのための お湯が 沸きまして

「ほれ!!沸いたぞ」と

とほほ 出動衣が 流れぬ

ま 今日一日 ほぼ 動かず 書き物させてもらってたしね

よたよた父 ぎっくり腰はは 日中 たち働いてくれていたらしい あんちゃたちのために やりましょ と

とーちゃんの ためならえーんやこーら かーちゃんのためならえーんやこーら にーちゃんのためならえーんやこーらー♪など

支度整え

後半はしっかり聴きました

歌がたり どらまここにあり

聴かすねぇ

リズムとか躍りとか いいけどさ

そんなんより

言葉の力…ありがとう な気持ちになりました

蕎麦 ちみっと のび…

ま 流石のだいきゅうそばつゆやさんのそばせっと

あっさり美味しくいただきました

よい おとしとりでござる

よいおとしとりを

2012 年 12 月 31 日 月曜日

さとうのきりもちのやつ父 よたったり むぅとしながらも

ぎっくり腰なりかかりの 母に 申し訳ない…てな思いもあってか

正月飾り やら お雑煮仕込み 請け負い

あんちゃは ビールに ほろ酔いして

ちょ と 自室にて 読書か!?

わたくし ひたすら お年賀書きさせてもらいつつ

時々 ごみ捨てお茶淹れ ねこさまのため 扉開け閉め

穏やかなり 年末の一日

有り難しこと 感謝しつつ

そんな日々が あまねく 人々に満ちますよう

墨部門終了

2012 年 12 月 31 日 月曜日

これからペン入れ途中 いろんなかたがたから

メールやら 顔本やらに 連絡あって

ちみちみ お返事したり 書いたり

ブレイカー落ちて あげにいったりして

まぁ なんとなく いつもの感じで

焦ってもおらず…

まぁ できるだけのことを

無理なくやっていきます…失礼のないように て もう失礼千万やらかしてっけどさ

ゆるしてちょんまげ(ここでたぶん何人かは許せない気持ちになるであろうか…しらんが)

すったりかいたりすりきれたり

2012 年 12 月 31 日 月曜日

墨をする小学校の頃から 用いている 墨を

しずしずすって

気持ちよく 書いておりしたが

すこぅし ぼんやりしてきたので

ちょこ と 普段やらない ねっとあれこれのぞきなどしておったら

なんとなく 人の 正体明かさぬのをいいことに

何やら邪悪なことをはいている 一部分に 出くわして

ぎょぇげ…など うろたえる

自分あずかりしらぬこととはいえ

なんかこういうのやだなぁ といいつつ

その先を読もうとしてしまって 撃沈…はきそう

どんなものに出くわしても 染まらねばよいのだよ

魂を 高潔に保て!!なと 拳振り上げつつも

いかんともしがたい感じなもんで

YouTubeにて ぢ・大黒堂の『友だちじゃないか』など 聴く

♪そこらじゅうにころがるうそをけとばしてわがみちをゆけ♪

ほんと♪その面その短い足で気取るよりまずはなをかめ♪

しみるわ~♪ナイス!!

なつかしいなぁ テレビ番組「新橋ミュージックホール」大好きだった

たけちゃん・トータス松本・ユースケ・サンタマリア…豪華メンバーだったね

など しみじみ 復活

んで 関連曲 てんで

たけちゃんの『眠れない 君がほしい』など 聴いたら

なんか 別の意味で 胸の中 ざわざわしちゃって

わわわ はかどらん

さ 茶飲んで 頭切り替えて 再び 書こう

あの人この人思い浮かべて

手渡していくために

庭一巡り

2012 年 12 月 31 日 月曜日

光に満ちていた水を抱く 命を抱くやっぱり日向は猫のものまどろむうしみどりこさんの揺り籠

…つっても いつもの辺り

たくさんの みどりこさんを巣立たせてくれた 柚子

光満ちて命も満ちていた

厄介だけど 愛らしい 苔

真綿の揺り籠 補強中の みどりこさん蛹

うちのお偉いさんけものたち

草とか人とかいきもののいのち

繋がれつながれと 唱えながら

人との繋がりに 手渡す 文字を 書き始める

色入れ終了

2012 年 12 月 31 日 月曜日

お馴染みの色

これから 墨をすって

新年のご挨拶のひとくさり

その前に

茶で 一服

さっきから 飲んでるけどさ

ま ここは 気分一新の 味 てことで…

今年最後…という 初めての日

2012 年 12 月 31 日 月曜日

淡い色るら と 目を開けたら

カーテンの隙間から 光

剥きたてつるぴか 茹で玉子みたいな あさひ…なんて 言葉が浮かんだら

茹で玉子が食べたくて 飛び起きた

畑で 居残り 溢れ種人参一本…小指未満
いただいて

うでうでおおみそかそら

んがしかし 寝ぼけた まんまの ゆで具合で

薄皮剥けず

ちょっとかっこつかねぇなぁ

寝癖が 鉄腕アトムみたいなままじゃ

かっこもくそもないですな

冬晴れ♪

気づけば 血まみれ

2012 年 12 月 30 日 日曜日

お馴染みの ホルベインとリキテックスと顔彩毎年 同じような色合いになっちまうよなぁ なんて 思いつつ

年賀状の 色決め

あの画材何処にあったっけ…など

がしゃがしゃやってたら

水のないところに 水の感触

あ…

ガラスの欠片を なにかに使えるか…と捨てずに おいといたところをさわったもよう

なにやってんだかなぁおもぉ

毎度のことながら

そんなこんなぱたぱたしながら

楽しんで描いたり 脱線したりしておるわけですね

逃避本棚整理

2012 年 12 月 30 日 日曜日

どこかへいってしまう扉はじめは ちょいと 忘れた言葉を 思い出そうと

本棚など 覗いて

本を開いて

あらやだなんだかいろいろおもいだして

別の 言葉と言葉を 編んだりして

気づいたら 違うことを一生懸命やってたりして

お~い!!戻ってこい 自分~!と 呼び戻す

なんなんだかなぁもぉ

大掃除の日

2012 年 12 月 30 日 日曜日

本日のあれこれお掃除男衆おつかれたつさんよろしくへびさん

わたくしを除いた みなさん

朝からたち働いてらっさった

すんまへん あてにならず

いざというときの 壊れ物修理とか

組み立てとか

重いもの運びに 呼ぶかもしれないけど

「年賀状かきやっててもらわないと気になってしょうがない」と

来年干支の 置物がみあたらない…なんて 母が いうので

わたくしの 蛇ぬいぐるみでも使う?と 訊いたら

即却下

ま そうでしょうけど

あたふたぱたぱたも 毎度の 風物詩で ござります