思い出をなぞる

門構えさっき

帰り道で

母校 角田女子高等学校の前を 通った

何年か前に 男子校と 合併して

閉鎖された後

震災後の ご遺体 安置所として

しばらく 使われていたと

静まりかえっているものの

賑やかに 過ごした いとおしい日々が 立ち上がり
泣いたり笑ったりしたね
木々 草ぐさは ものすごい 勢いで 音にならない息遣いを 発散し

かつて生きていた方々の 不意に 立ち切られた命と 身体の 折り合いは どう考えたらよいのかと あの頃 こちら方面に向かうだけで 波立った 胸のうちのことなども 思い出して

頭のなかに なにかが 鳴り響いているような 感覚に ふらりと よろめく

言葉が見つからぬまま

うん でも 今こうしているよ ここから繋がった命を生きていくよ と 手を合わせた

思い出をなぞる先に 今がある

この投稿は 2012 年 9 月 7 日 金曜日 17:24 に ブログ, 東北関東大震災 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメント / トラックバック 3 件

  1. Dhynna より:

    Stellar work there everyone. I’ll keep on raednig.

  2. [...] 角田女子校 跡地の 投稿 [...]

bunbun にコメントする