2012 年 8 月 27 日 のアーカイブ

三発一中

2012 年 8 月 27 日 月曜日

ネットで 本を買う…てな hontoクラブ

ジュンク堂と 丸善提携のやつですね

あれで 品切本も なんとか 手を尽くして…てことで お待ちしてましたが

結局 三冊頼んで 手に入れられたのは 一冊

ドリアン助川…こと明川哲也さまの『夕やけポスト』のみ

同じく 明川さんの『青春放浪』は 早めに ダメ連絡もらい

焦らしに焦らされた 隅田川乱一 著『穴が開いちゃったりして』は

本日 やっとこ キャンセル連絡来ました

一ヶ月近く かかって わかった…のだろか?

版元さん わたくしも 以前 メール出したのですけれどね…音沙汰なかったわよ

メール届いてなかったのすか!?謎のままだがもういいや ちぇっ

お届け可能日時が 違う商品を 一緒に注文すると

足並み揃うまで 留め置かれるのか

即日出荷可能のはずの 『夕やけポスト』も 若干 届くの遅かった(一緒に頼んだ『青春放浪』が入荷できるかどうか判明するまで)

そのあたり 納得しながら 利用するならば

まぁ 便利なものですがね

便利に 惑わされて 散財せぬよう ちょいと 財布の紐締めとかにゃね…て 中身入ってないけどな ふはは

近々 リベンジで 明川さんの また 注文してみっかな

個人的 ドリアン祭 開催中です

ざぁっと やってきてくれよ~

2012 年 8 月 27 日 月曜日

雨こいこい夏の雨

来そうで 来ませんな

猫の肉球みたいな 雲

もくもくと 西の空で

招いていたけれど

いやいやまだまだ

溜め込み足りない感じ

久しぶりに 梅爺に会いに行ったら

ちょいと 葉っぱがなにみのさんでしょうか?

しおしお~なところもあって

宿借りの みのさんも

暑さに参って

引っ込みっぱなし

いきとしいけるもの…わたくしも含み…の ために

どうかひとつ ざあっと ね

家に帰ったら

レインスティックでも 鳴らして

雨乞いするかな

雨で困ってるとこもあるんだから

うまいぐあいに わけっこできればいいのにね

つべこべ言わずに 食え…ればよいのだが

2012 年 8 月 27 日 月曜日

緑はよいね汗だく 炎天下

頭ぼやっとして

あぁ 昼御飯なにか食べなきゃ と 思うも

浮かばず

嫌いなものはないから

何処でも ぽんと はいっちゃって

腹 こしらえたらよろしかろうに

いやいやそれはちょっと…と 根性なしな 気分

じゃ 何が本当に食べたいのだろうか と 己に問うてみる

今日は 脂っこくないものかなぁ

余りたくさん食べたい気分じゃないかなぁ

食べたらとっととでなきゃない店も つらいかなぁ(元気なときはそんな店がよいが)

こじゃれた店は やだなぁ

ファストフードなら ゆっくりできるだろうけど も少しなんかないかなぁ

でもはじめての店で おどおどするのはやだなぁ…かといって いつも行く店ってのもどうかなぁ

あそこはいいけどなまじ仲良しになってるからお喋りしちゃいそうだよなぁ

やっぱり ゆっくり本読みたいしなぁ…なんてね

あぁもぉ 心なんて覗くんじゃなかったってくらい

あとからあとから条件芋づる三種類の豆のスープ…もったり系

めんどくせえ!!

一時間半ほど そんなぐだぐだ 巡り歩き したら

もうなにもかも いらん…てな 気分になりかかり

あぶないあぶない

だもんで とりあえず 仙台駅地下のイタガキで

セロリとゴーヤの ミックスジュースのんで クールダウン

あぁ 緑色が 欲しかったのだ…と 静かな気持ちになり

また 歩き出したところで

緑色のスープがある という店に 落ち着いた

うんとおなかすいている マイナスパワーもなく

うっすら疲れているときの 決断に 踏み切る力の ないことないこと

呆れるぞ

そんなことやめとき~!と 他人に止められるほどの 無謀さだけでなく

こんな 極端な ぐだぐだもあって

その 振り幅に 戸惑うペリカン…(井上陽水さんの歌の題名ですが 意味ないです すんまへん)

叫びを 歌にかえる

2012 年 8 月 27 日 月曜日

午前中のリトミック仕事

いつも 興奮しすぎて 暴走する お子達が

意外に 高音域を 素敵に 歌える♪という 大発見に

ちょっと びっくり

なな…なんと美しいぢゃ~!と 興奮して 手を叩いたら

お子達も ちょっと 得意気

今後 そちら方面で なにか いい感じの 活動していけたらよいな

いつも おりこうさんにしてくれてことではないのですけど

とっちらかして たのしいなかにも

なんか 拾い物があったら 嬉しいよね てことですわん

どこが リトミックなのかわからん感じですが

なんとなく リズムが 出てくるみたいな 歩きや ポーズや タイミングが 独特の うねるリズムになってきてる…かなぁ

しかも 歌えちゃう なんつったらもう

楽しくてしょうがないのよ~♪

…と すごい世界の 手前の扉の前の広場 辺りで

どんじゃか ふざけて遊んで踊ってうたって

その向こうへどうぞ と やんわり お誘いしている感じの お仕事なのでした

音楽は 学問や 楽譜から始まったのではなくて

あ~たがたの その うずうず 身と心の 躍動が

その心持ちのいい塩梅の早さで

律動旋律の うねりを生んで 始まったものだからな

きみらがもう 音楽そのものなんだもんね

わたくしに 教えられることはないのだけど

その先の世界への 橋渡しみたいなことを やらせてもらってるのだ

蝉調整できるのか!?

2012 年 8 月 27 日 月曜日

あんちゃに 蝉が 鳴いているかどうか

確認しつつ

有能補聴器 オーティコンアジャイルプロライトさん 装着して 庭へ

音楽モードに 切り替えて

最大音量にしたものの

ワンツーブロック向こうの 幹線道路の 車の音や

ぢぴぴ…なんて すずめっこさんのこえや

うちの台所で 母が 小走りしたりする音ばかりで

いまいち じゃこじゃこしてて わからぬ

やはり 蝉波長は 難しいのか…

オーティコンアジャイルプロライトさんは 三つのモードにしてもらっていて

① 目の前の人の話し声をより良く拾う

② マルチに拾う

③ 音楽モード(サラウンド奥行きなど重視)

…なのですが

これら それぞれに 拾う音の 波長の 取捨選択の 調節は 同じなのだったか 訊きそびれた

わたくしの 苦手な 高い波長を より多く拾う 一方で

つらい 雑音として聞こえてしまうあたりを キャンセルしているはずなのですが

一個くらい 蝉の声が拾えるように してもらうかな…なんて ふと 思った

河北診療所 補聴器センターの ナイスな 言語聴覚士 本田さんの 顔でも 見に行きがてら…とか思ったものの

行くとしたら一日仕事…

蝉が鳴いているうちに行くのは 無理かも

ま 近々 お耳の調子と 補聴器の 様子見てもらいに いってみようと思いまする

朝日に浮かぶぴち

2012 年 8 月 27 日 月曜日

今日もいい日身繕いの シルエットが

今日の 始まりも

整えてくれる

身と 心を

ぐしぐしと

おぐしなおして

みゅ~んと のびてみる