2012 年 8 月 25 日 のアーカイブ

ぐにゃんと おうちに帰りましょ

2012 年 8 月 25 日 土曜日

もうおうちに帰りましょう山によるなら あまり遠回りすると

夕暮れ迫ってしまうしなぁ…

でも 仙台の まちなかから さくっと 寄れる

人里離れた感じのところ…などと

ぼんにゃりおもいめぐらせていたら

車線変更 うまくできず

思いもかけなく 真っ直ぐ 茂庭辺りへ向かう道

こうなったら 秋保方面かなぁ~など思ったのに

あらやだいつもの 道の方へ繋がる 山道へ 曲がらんとす 車線

まぁ 山のぼった 辺りでどこか 停車して…と 思ったものの

山中の道が 広々整備されてて

びゅんびゅんさん ばかり

のろり運転などしてしていると

苛々した感じで 抜かされたり

道を物色しているどころじゃないあとで種ください

んでもって こんな ビュンビュン道路近いとこで 補聴器つけたって

うるせぇ クルマ音ばかり 拾いそうだな

むうぅ と 唸っているうちに

遠回りしたあげく いつもの道に 合流しちまいました

まぁ わざわざ 山にいかなくたって

早起きして 庭にいる 蝉の声を 聴けばいいだけの話だな

ガソリン無駄遣いしちゃっただけでした

いかんね

烏瓜花見て 落ち着け わたくし

も少し 待ってて

2012 年 8 月 25 日 土曜日

お役目ご苦労さままだ 蝉の声を

うまく聴けていない

せっかくの 有能補聴器 オーティコンアジャイルプロライトさんが あるのに

会話の時以外は つけていないほうがらくなので

木々の生い茂っているあたりでは

大抵 つけずにいる

最近 朝 ぱたぱたしているから

庭の 飛び交う 蝉たちの 声を 聴く 余裕がない

こんなことでは 夏がいってしまうぢゃないか…と

さっき 勾当台公園近づいた辺りで 装着したら

木々の向こうの 車やら 拡声器の 大音量やら 人並みの足音やら…

うるせぇのなんの!!

そういや これからはじまる 丸一日テレビ…の 公開録画みたいなもんもあるのだわね

ううむ

帰り道 ちょっと 山の方で 聴いてみっかな

余裕あれば

2012 年 8 月 25 日 土曜日

欅ど~ん!!ちょっと 早めに

目的地に着くように いくと

いつもより ゆったり 空や木を見上げて

あはは~ と 吸い上げられるような 気持ちになったり

早々と 舞い落ちる 銀杏の葉っぱの

移り変わりの色が

美しいなぁ と 拾い上げたりこのグラデーションの 絶妙さったら!!

道草 遠回りして

かえってギリギリについたりする

余裕あるのも 善し悪し

…というより 気を引き締めろや!!自分 てことですけど

ちょ と だけ ほっとする

2012 年 8 月 25 日 土曜日

惨状は 変わらぬとしても

知り合いが無事であると

ちょっとは ほっとするもので

ごめんなさい と 思いながら

胸を撫で下ろす

Zahr 先生は 今 スゥリーア国外にいらっしゃって

本国で ご家族も 無事だというはなし

すべての人が無事だったら なお よいのにね…

こじれたもの みな ほどけるのは いつのことになるのだろう

役たたずだけど

こじれることがないように

健やかに生きていけるように 育て~と

関わるお子たちに

望みをかけるように

祈る思いで 向かい合って あそぶ

雑にみえても

2012 年 8 月 25 日 土曜日

皮が丈夫な子たちです雑草じゃないかんな!!

でも 雑な 畑ですんで

剪定した 枝や葉っぱの

片付け損ねた あれこれが

ばんらばんらと 散らばってて

植木屋さん…かっこいいけど ちょっと ムッとしましたわよ

ま 覚悟はしてました

植木の したのほうに

ちまたちまちまちま 芽をだしていたのが

ニンジンのこぼれ種のものだなんて

わからないですわよね

思いっきり 掃き掃除までしてくださって…くうぅ

でもま 他の種たち 強かに 出でてくたさるから

くじけない

タオルケットはやめとくかな

2012 年 8 月 25 日 土曜日

布団の かけものは

つるつるしたものが一番上に来るように していた

うちのお偉いさん…ぴっちっちっが

歳を重ねる毎に

爪がひっかかって とれなくなってしまぅて 大騒ぎ!

結果 わたくしに 八つ当たり!! てのが 増えてきたから

だも 夏は さすがに 上に乗ってきたりしないから と

油断して タオルケットなんてもんを 腹にかけて寝ておりましたれば

今朝方 腹の上へ乗り ちょいと かりかりせよ…と

んで 案の定 降りるとき 爪がひっかかって 大騒ぎ!!

なんでとれないのぢゃ~!と わたくしに 威嚇

む もぅ~

いろんないみで 泣きそうな気分にもなり

タオルケットの つぴぴぴぴ~と 引き出された 糸を ぴちぷちと 引きちぎって

その爪に 負担がないように

取っ手差し上げた

今夜からは つるつるシーツみたいなもんかけることにするかな