2011 年 8 月 のアーカイブ

ひさしぶりに がたごとする

2011 年 8 月 31 日 水曜日

明日 阿武隈急行で 福島に出てから 東京へ行く

無事 お師匠 はとちゃんまんちゃんも 韓国から帰国したので 稽古できるんだ わ~い♪

・・・と その前に 所用 あれこれせにゃならぬので いつもの鈍行ではなく 新幹線使うぞ

おおお なんか 贅沢お大臣気分

「鈍行よりいいですよ、ほんとは 仙台周りで そっから新幹線のほうがいいんですけどね」なんてな いろいろ助言はあったが

平たく言えば 被爆の少ないルートについてのお話・・・だが

お世話になっている 阿武隈急行のかたがたの これからもがんばってねの 思いも込めて

乗りますわ

かつて 週一は マイム稽古などのため ゆるるんと

阿武隈川の流れを 眺めながら 揺られていた 懐かしの道々を

かわったものとかわらぬもの おもいを なでながら

大好きな人たち(・・・のほんの一部)に会いに行く

行ったら 翌日 早めに戻らにゃならんので

あの人にこのひとに・・・と いっていられなくなり 残念だけど

概ね るん♪

いろいろあじわう

2011 年 8 月 31 日 水曜日

おもいもあじわう親戚の (株)新澤醸造店の 尚夫さん(ははいとこ) 亡くなりました

傾きかけた 『愛宕の松』銘柄を 守り つないで

息子・巖夫ちゃんに引き継いで 

息子 さらに 奮闘して 今や あちこちから引っ張りだこになっている

伯楽星を 世に送り出した 

先日 退院したばかり・・・という状態で 尚夫さん うちにきてくれたのだった

一瞬誰かわからず「どっかのおずんつぁんが きたみたいだ」なんていって 

それが 尚夫さんだった 失礼しました

ちちははよりまだまだ若い64歳だったのに・・・

手術もできない大変な状態 ときいたのに 元気になってよかったね~とか

あれこれはなして あははは なんて 笑って 帰っていった

あとから 退院できた意味に気づく

母 本日 葬儀に参加して 「愛宕の松」いただいてきた

震災後に 全国のかたがたからの応援をいただいて 仕込んだ 貴重なお酒も

つなげてくれて あたらしいいのちがうまれて愛されて・・・

よかったね 

あらためて お酒 おしいただく

甘くて からくて やさしい味だった

おつかれさまでした ありがとうございます やすらかに

青春の現場は

2011 年 8 月 30 日 火曜日

さっき軽く 文化祭の話したら

いってもいいんですか?どこだか教えてください なんてなメールが来た

直接その子には お答えしましたが

そういう気持ちになる方もいらっしゃるのね と 思い

かっぱ本人に確認したところ 詳細告知してもよい てなことで

東北学院榴ヶ岡高校 文化祭 ”縁”つなげよう927人の輪

9月3日(土)9:30~ 東北学院大学 泉キャンパスと同じ敷地内にあるそうです

わたくし 上手く説明できませんで

なんぼしても駆けつけたい方は 地図やら お調べくださいね

「かっぱ」様は 執行部のつなぎ着て うろうろしているそうです

初めて会ったのは まだ 幼稚園の頃?(以前も何度か ブログのなかで 触れたことあるけれど)

ピアノ習いに来たのだ

その後 中学生になって やめたのだけど 

TAP SHOTS仲間として 舞台にも出てくれたんだった

でも 現役の学生として 現場に立っている姿は 見たこと無いかも

そうかんがえると ちょっとどきどき・・・なんでだか

青春の香り 文化祭

2011 年 8 月 30 日 火曜日

久しぶりに 「かっぱ」から電話

おおお 半年振りくらいか?

震災後 全く 連絡も取らずにおったけれど

彼女の 青春ブログが 無事更新されてて 無事を知ったのだったな

電話は 文化祭で バルーンアートやりたいのだけど どこで買ったらよいですかね・・・てなはなし

「形が もどっちゃうこともあって あまり納得いってない」とか いいながらも 使っていた ドンンキホーテのやつ しらせてみた

ある程度の 簡単なやつなら 概ね問題ないからいいかな・・・すまん

でも あさっては 久しぶりに(14ヶ月ぶり?) マイム稽古めざして 上京するので

風船も いつものやつ そろえようと鼻息荒くしていたところ

もし ドンキものが 上手くいかなかったら 輸入もんのちゃんといいやつ あーたたちのために 仕入れるわよいかが?なんてね

なんかね かっぱちゃんの 青春完全燃焼振りが まぶしくて

なんか 余計なお世話様な気持ちに なっちゃうのでした

たのしんでね~文化祭 そして 青春

初 谷中 しょうちゃん

2011 年 8 月 30 日 火曜日

いろっぽくて ぐっときましたまっとうに実って 収穫・・・にならずとも

成長を見守りたくて

伸びた後の姿が見たくて 植えた 谷中生姜

どうにもいっぱしの 姿になりました

んでさっそく 夕食で しょうゆ漬けにて いただきました

充分に辛味あって みんな満足

この味は 土が呼んだのか

水が集めたのか

己の遺伝子が目覚めたのか・・・

野菜たちの力に 最敬礼

あげたらまろやか

2011 年 8 月 30 日 火曜日

カロリーもあがりました先日の 葬式まんぢゅう

八等分して 粉まぶして 揚げました

・・・失敗

衣は ただの粉よりも 水で溶いて練ったものの方が よかった

餡子 でろりと いくぶんか 流れ落ちて

てんぷらなべのそこにたまって 焦げ臭 とほほ

でも 「くわね」といってた 母

「揚げっと なんか 味やさしくなって んまい」と

どうやら 干からびてしまう運命は 免れそう

供養になったかな よかったね

名前のごとく

2011 年 8 月 30 日 火曜日

枝より太い「よもぎえだしゃく」て 名前なんだから

蓬を 食ってほしいんですけど

なんで 大切な お茶ちゃん苗木 むさぼってっかなぁ この子は

ほおずきにまぎれそうになっても なんとか 育ってくれている お茶苗木を見に行ったら

素敵な葉っぱが なんだか びりびりになってる・・・むむむ これはうんこでは?

と よくみたら 第二腹節背部刺毛根元隆起がチャームポイントの

ヨモギエダシャクさん

枝そっくりに なりゃあがって 

見事だこと

はがして 蓬のところに連れて行こうとしたけど

抵抗されたし うちの庭の蓬なんて またすぐ 母に引っこ抜かれる運命だし

ま いまんとこ 致命的 大食漢でもないようなので

わしも飲んでないお茶の葉 あじわってくださいませ

など 寛容なふりしてみた

やっぱり 幼ちゃんは 毛のないのが 好き

最上段

2011 年 8 月 30 日 火曜日

もにゃっと 命の感触ちみっちょ 幼ちゃんたちを 引越しさせながら

やたらと ぐんぐんのびあがった 柚子の枝を

みあげたら

なんともご立派な 終齢幼ちゃん

高みに鎮座ましましし

あんまり 素敵なので

脚立に上って お近くにて拝見

うっわ~ 久しぶりかもここまででかい方お手本のような反りっぷり

なんつって なでたら

ぐい~んと 反って

こりゃまた立派な 臭角 みゅんみゅんのばして

しかも臭液したたるほどに

引越しさせた ちいさいさんたちに

先輩に続けや~ など エ~ルおくったらば

草花に水やっていた あんちゃ「高いとこで 怪しい声だすのやめなさい」と

だって ナミアゲハ幼ちゃん祭りみたいに あちにもこちにも

・・・つっても この喜びは 通じず伝わらず

まあ こっそり喜びますわ

なつかしさん

2011 年 8 月 29 日 月曜日

どっか~んとあんこみっしり最近見なくなった「葬式まんぢゅう」

ご近所の方が 亡くなって

母が お焼香にうかがった その折に いただいた

いまどきあまりないけれど 供養だと思って食べてください・・・と 言われたそうで

手のひらよりも大きな どっしりまんぢゅう

そのままあむっとすると 頭痛くなるほどの甘さではあるけれど

不思議と 揚げ物にすると 衣の油とあいまって まろやかにうまくなる

・・・カロリー高くて 身体に悪そうだけどね

昔 じいちゃんが 大喜びして食べていた姿を思い出す

母は 好きではないので「あんだ やらいん(あなた やりなさい)」と しらんぷり

近所のMさんとこのおじいちゃんと うちのじいちゃんを思って 揚げ物すっかな

サイズ調節?

2011 年 8 月 29 日 月曜日

たっぷり食べやちみっちょ柚子苗に ついちゃった なみあげは鳥糞幼ちゃん

もう葉っぱ無い!状態だったのに 

忙しさにまぎれて しばし 引越しさせぬままにしておいたら

ちっこいまんま みどりの終齢幼ちゃんになってました

あらら 隣の鉢の苗木にいる 鳥糞幼ちゃんよりもちっこいのにね

よしよし なんちゃって また 過保護にも 

大きな木に お引越ししてもらった

ついでに ほかの鳥糞ちゃんも ぞくぞくと 引越し

こことこ ヒヨドリも あまり来なくなっているので

蛹化しやすいのではないか・・・と 5,6ぴき

おっきくなってね~