2010 年 4 月 のアーカイブ

一目惚れだった

2010 年 4 月 30 日 金曜日

粋で鯔背たぁ 師匠のことでござんす十年近く前 

ふとその人を見て めろめろ~ってなった。

なんかもう なりふりかまわず かけよって

一緒に写真撮ってくださいいいいい!なんて言っちまったい。

あんなこと初めてだったかも。

立ち居振る舞いの一つ一つ

粋で 艶っぽくて

絵になっているというか 美しい音楽のようだったんだ。

その方が 最近亡くなったと 聞いて

久しく お目にかかっていなかったとはいえ

かくっと 膝が抜けたような 喪失感。

いつかやってくるであろうことは 当たり前のことではあるけれど

やはり 寂しい

ときめきを ありがとうございました

安らかに

菊乃家 〆丸さま

侵入者の置き土産

2010 年 4 月 30 日 金曜日

あんたら そろいもそろってのんびりさんめ母と二人病院から戻って 玄関開けると

わわわわっ!てなくらい マーキング臭。

こりゃ あんちゃ 友達と会うとかいってたし、留守中に侵入猫やらかしていったんだな

・・・と 思いきや「僕でかけてないよ」など言う。

耳のいい あんちゃにも 聞き取れぬほど 注意深く 無音でやってくんのか そやつは?

「あ、でも 何か音したな・・・と 行った時には もう されてた」とほほ。

うっし~も ぴちも 息を潜めていたらしい・・・かよわいこちゃんたちめ。

今まで一番!てくらい 強烈な匂い

相当 強い雄猫なのでしょかね。

やられどころ 探して ファブリーズ片手に 這い回る 腰よたよたな わたくし

にゃんこ様たちと共に ちみっと 機嫌悪くなる。

ベッド到着

2010 年 4 月 30 日 金曜日

まずは 様子うかがい父退院に 備えて 電動ベッドを借りた。

多くの方々を 助けたであろう ちょいとばかし 歴史感じさせる様子

とはいえ 立派に動いてくれました

しかも レンタル料の安いこと・・・ありがたし 社会福祉協議会。寝心地確かめ

さぞかし 見慣れぬものに弱い ぴちこさん パニック状態になるか・・・と 思いきや

運良く 運びこむ時間帯に 居合わせず

程なくして戻ってきて「ん?なんか見たこと無いのある」といった様子で

遠巻きに 出窓あたりに寝そべって ベッドをじっと観察カバーを敷いたら 落ち着いた

しばらくして ここ最近 いつも寝ていた布団が 上に乗ってることに気付いたのか

飛び乗って 落ち着いてしまいました・・・寝心地は おっけのようだ。

その様子の 携帯写真を 父に見せたら

「なんだもう」なんつって 嬉しそう。

二ヶ月以上留守にしてたわけだから はじめのうちは ぴちこさんから 警戒されちゃうかも知れぬが

すぐ 思い出して仲良ししてね・・・と ぴちには 言っといた。

父の病室には ず~っと ぴちの写真だけがあったんだからな

ま、たぶんそんなこたあ ぴちは 夢にも思ってないでしょが。 

中腰パソ

2010 年 4 月 30 日 金曜日

なんだか今朝は パソの動きが 緩慢

最近 あんちゃも このパソを使っているから 

今までにない パソらしい働きに 疲れたのか?

あんちゃも せっかく 光通信に工事までしたんだから 早く 接続復活させんかい!

編集仕事のあれこれ重なってるから・・・なんて言いつつ

わたくしの パソでの 画像の受け取りにくさ、送る時間の長さに ほとほとまいってる様子。

さっき編集してたやつも 途中切れまくり

立ち上げなおしても 部分的に立ち上がってなかったり・・・中腰かよ!?

一個前の投稿の 写真キャプション

ほんとは「♪お月さん 空の 一人旅 お腹が空いては 歩けない♪」・・・だったのですが

さっき 何故か「♪」だけであったことに 気付いた。

写真部分に マウス移動させる(カーソルを移動させる?)と こっそり その写真につけた 題名みたいなもんが 表示されるのだけど

それが 「♪」だけだったってこと。

ま、気付いていない人もいるだろうから どうでもいいことなんですけんど。

その「お月さん 空の・・・」てのは

ばあちゃんが 時々歌ってくれていた 歌。

昔 調べただけだから うろ覚えだけど

確か わらべ歌の本にも載ってなかったようなので

ばあちゃん一族もしくは 仲間内で作ったものかもな。

名曲多し。

お月様と一緒

2010 年 4 月 30 日 金曜日

♪昨夜 ごろりと 布団に 寝転がると

カーテン越しに お月様の気配

おお 丁度 顔を照らす位置にきてらっさった 15.6歳さん。

んで ちょいと まぶしくはあったけど

カーテン開けて 眠った。

なんだか 添い寝してもらった気分。

朝 こんだぁ 太陽さんの眩しさ&うしの重さで 早々に目覚めたけれど

光に洗ってもらった感じ

昨日 畑を ちょちょいといじった 余波で 腰みりみりっときてたけど

気分は すがすが~だ。

出逢えず焦がれる

2010 年 4 月 29 日 木曜日

アフィリエイト でも何でもないっす ただ好きなもんだ病院売店で なんのけなしに 買った飴『βカロチンとビタミンB群でほうれん草飴 野菜粒』(味覚糖)

緑もの好きのわたくしの 琴線に びゃん!と触れて

しかも 母も「美味い!」といったし(母は 飴を 口に入れるなり がりょがりょっと噛むので 瞬殺)

TAP SHOTSメンバーの お姉ちゃんたちも 「うま~い」と言ってくれたので

また買おう・・・と思ったらば、それ以来出逢えず。

由紀姫も「買いたくて探してるんすけど ぜんぜん出逢えなくて なんか 余計にほしくなるっていうかんじ」などいってたやつ

今日ありましたわ。

ほうれん草スープとか 青汁ミルク味みたいな感じが 好きな方には

ぐっとくる味だす。

退院決定

2010 年 4 月 29 日 木曜日

父「一日午後三時だ」と 宣言

30日かと思っていたけれど とりあえず 決定したか おめでたし。

嬉しいのだが、一日は ははもわたくしも用件があって 若干動くのが スムーズに行かぬ

で、ものは相談だが いろいろ 処置やら準備その他の事情もありましょうから

早めることは難しいでしょうし、できれば その次の日の 二日の午前中とかにならぬものでしょうかね?と言うと

「いやもう決まったことだから」と 父。

ははあんちゃわたくし 三人 昼飯食いながら 

父は 病院側に気を遣ったり 決まったことを変えずに・・・て 性格だから 譲らないんだろうけど

気持ちよくみんなで 動けて 迎えられる日のほうがいいよねえ

も一回 退院ずらせないか 言ってみよか?など 話合い 

病室戻って 再度 父に 言ってみた・・・らば! むくれてしまいました~ああもう・・・。

一日 退院・・・て 父自身が お医者様に 願い出たんだと

んでもって 昨日一昨日 二日続けてこなかったから 言えなかった・・・とか言う

あのなあ、来れないって言ったでしょうに。

来れないっていっときながら 言ったことはあるけど

母の用事の時間を計算して 来ようと思えば来れたはず・・・みたいなこと ちらと こぼす・・・さびしんぼさんめ!

三十日は 人工肛門交換予定があったけど、今日 漏れがあったため交換してしまい

退院一日 早められなくもないのかな ・・・と思いつつも

手続きその他のことも考え とりあえず 一日 何とか時間やりくりすることに。

わたくしは 母送っては 来られるけれども 家までの送迎は ちょいと難しいかも・・・だ。

なんとかしますが、母だって 心臓ぷらぷらなのに

退院準備やらでぱたぱたして 血圧低くなって ふらふらになったりしてたんだから

仙台でちぎり絵の帰りに 荷物持ったまま くることだけでも かなり大変なんだよ 

迎えに来るのは わしらなんだから、そういうことは 事前に相談したり 伝えて欲しかったよ・・・と やんわりいってみた 

「せっかく楽しい気持で 退院するはずだったのに」・・・なんて むくれんこでしたが 

まずいということは わかっている模様。

でも 双方 ぶちきれることなく 談笑して 少し和らぐ。 

帰りの車の中で「まったく 『大だだわらす』なんだからも~」と 母ぷんぷんしつつも 笑ってる。

これからも こんな調子で いくべね。

        

ばあちゃん命日

2010 年 4 月 29 日 木曜日

お墓に咲く めんこい花お墓へ行って
草むしり 掃除 線香あげ 
親戚の おじおば来訪もあって
お墓の前で 談笑。
何するてわけでもない こんな時間が
きっと 供養なのかも。お墓を囲む うつくし花
夕方 ふと ばあちゃんが 降りてきたように がしがし 庭の草むしり
夕食は 虹鱒・・・って言ったのに 一向に 焼きの準備しない様子に
母から 心配される。
ばあちゃんも 呼ばれても呼ばれても なかなか 草むしりから 戻ろうとしなかったっけなあ。
いちにち あちこち ばあちゃんの 匂い。
GUERLAIN の MITSOUKO も ちょいと 嗅いで 
懐かしむ 

これが最後のほっぺ?

2010 年 4 月 28 日 水曜日

今週一杯で おひさま原っぱ保育園から

別の 幼稚園へ 移って行くという Rくん

いつもと同じ一日のようで

でも わたくし個人の思い込みなのか

いつになく密着度高いような 気がした。

だっこして「本読んで~」も ほっぺすりすりしたり 頭と頭くっつけたり

しまいにゃ ほっぺちゅ~ 通り越して ほっぺ あむっ とまで。

お昼寝添い寝も いつもより 乱暴さんせず(わたくしの ほくろぐりぐりとか ほっぺの内側で べろぐりぐりするのを 触ったり押したりつねったり遊び)

やはり すりすりちゅ~のあむっ

あああ、この子の人生で こうして わたくしと密着するのは 今日が最後なんだな

いらん 感傷にのまれそうぢゃ

でも かわいくて わたくしからも すりすりむぎゅ。

やわらかなきもちにさせてくれてありがとう

いい人生を歩んでくれ~!

未来のばら色を祈った

どうしようもなくて

2010 年 4 月 28 日 水曜日

がまんもできなくて 泣く

まさか 泣くとは・・・しかも運転中 危険!

袖でぬぐいつつ 息を詰めるようにハンドルを握る

今日は 感情のふたが がくがくだな。

豪雨の道々 温まった 道路に ぴょんぴょこぴょんぴょこ 蛙さまたち

避け続けられぬ

わたくしが避けたからとて 無事なわけでもない

蛙好き・・・といって なすすべない自分に うろたえる。

車の免許 取るんじゃなかった・・・て 思う日が 多くなる これからの季節

見ない振りすればいいのだろうか?

運転すんな・・・てか?