2010 年 3 月 25 日 のアーカイブ

うどんの気分で

2010 年 3 月 25 日 木曜日

「途中でなんか食べて帰ろうか」と 二人だと 勝手しまくり ははとわたくし

でも 午前中から 家でっぱなし・・・ぴちこさん むんつけてるんでないかなあ?

でも、小寒い日だから 丸亀製麺・讃岐うどんにでも 母連れて行きたいかな・・・なんて

迷ってたら、店通り越してしまい。

「何か買って帰る?店屋物取る?」と いわれたけど 頭が「うどん食いたいモード」だったもんで

「るみばあちゃんの さぬきうどん」とかいうの 買ってたし、帰ってからでもよければ わし たたたっと 作るがどうか?と 問うと 「問題なし」と 即答。

時間が遅いのなんのごねるのって ちちだけですもんね。

帰宅後 昼食も淡白薄薄味の わたくし弁当だったこと思い出し

少し 豪華な感じにするため ありもん野菜など 天麩羅してみた。

茗荷・茄子・きのこ類の天麩羅、ごぼうと人参の掻揚げまでは うまくいってたのだが

弱った油に 足し油ケチったため、あと 天麩羅粉も ほとんどなくなってるのに まあいいや・・・しちゃったんで 最後の 葱とかまぼこと椎茸のいしづきの掻揚げが ぐずぐずに。

んでもまあ 食えぬこたあない・・・と

高知のうどんを 山形のひっぱりうどん方式にして ざぶざぶっと食べた。

二人とも 食後に 30回噛む・・・を 思い出す。

まあ こういうメニューで 30回てのもねえ・・・なんて 言い訳並べて

満ち足りました。

着せ替えごっこ

2010 年 3 月 25 日 木曜日

夕方 リンク集にものっけてる「アジア・ジャングル

目白サロンオープン記念 仙台でも販売(予約制)・・・に 行ってきた。

社長・きらきら素敵な あゆみさんにも 久しぶりに 会えて嬉しい。

十何年か前からずっと 変わらずに 情熱持ってぐんぐん進んでて すごいなあ。

うちのまちの お祭りの わたくしプロデュース部分にも 何度か来てもらって

ほんと、たくさんたくさん お世話になりました。

で、病院帰りなんで 母と共に おうかがいしたのだが

あーでもないこーでもない・・・と ごちゃごちゃうるさくてすみませんでした。

「私が入るようなの ちょっとないかも」とかいいながら 母

カットソーみたいなのと パックと にゃんこストラップ買ってました。

「あんたのお世話になった人だし、買わないと悪いかな・・・て気持でいったんだけど、なんか 楽しいね♪」なんて はしゃいでたし。

帰宅後 夕食たべてから さっそく 着てみる。

「やっぱ 下に肩パットあるの着たら いい感じ」とか

「みためよか 着た感じナイス!」とか

「あんた買ったの 似合わないようだったら お母さん 着ようと思ったけど それは無理だわ」なんつって 二人 あれこれ当てて組み合わせしてみた。

今横で パック中 「なんか すごく浸透してるって感じで 気持ちいいよ~。やってみなよ」なんて テレビショッピング紹介人みたいになってます。

そういった お手入れ もう長いこと やってないのだけど

母にもらったの(あゆみさん 強力お勧め品)・・・コエンザイム浸透 やってみっかな。 

一進一退・三寒四温もしくは 三歩進んで二歩下がる

2010 年 3 月 25 日 木曜日

父の快復状況ですが

ま、今の季節も そんなもんだしね 今日の父の状態そのものを 受け止めて 喜べばいいのさ。

ははが「再手術から二週間もたったのに よくなってないみたい」とぶつぶつ。

こうなってるはず・・・なんて 勝手に期待だけ膨らますと それに引きずられて

こんなはずぢゃなかった・・・なんて また勝手にがっかりすることになるなんて ばかみたいざんしょ

というと また「わかったようなこといって」とか むんつけられちゃうかと思いきや

「それもそうだね・・・でもねえ」ともごもご。

わたくしだって わかってるわけではないが、目の前の 父のありのままを ちゃんと見ていたいだけなんだ。

起き上がりを頑張ると ぐったりするようす。

でも 今朝行った時は 熱も下がったようで ご機嫌な感じだった。

が・・・「一時間くらい起き上がっててもらって、起きたまんま 昼ごはん食べてみてね」

との 看護師さんの言葉に 眉間に「川」の字

だんだん機嫌悪くなったり 駄々っ子状態はじまり。

でも頑張って 重湯・おすまし・ミルク・・・ちみっとずつ 口にした。

ごねるのを おひさま原っぱ保育園でやってる「痛いの痛いの丸めて丸めて おだんごにしてたべちゃうぞ~ ぱく!いてててて・・・おならでぷ!」など 教えて なだめすかそうとしたら

莫迦にしとんのか・・・てな表情に。

耳掃除いたしましょ 殿・・・なんて おだて

もすこしもすこしもうやだもうやだ・・・など やったりとったりしてるうちに 一時間 やったね。

部屋に戻って ベッドにどっこいしょしたら

はかはかぜいぜいで ぐったり。

熱も出ちゃったりしてね。

でも、こういうことを 乗り越えて 体力も付いていくんだよね・・・と励まし マッサージ。

わたくしの肉 くっつけてやりてえ!てな 細い足。

以前 あがりえおっちゃん(大道芸でも 人気の あがりえ弘虫さん)に稽古つけてもらった 即興舞踏みたいな 気功みたいな「遊気」・・・あれやら

整体やマッサージしている友人に「森の手・指は すごくマッサージ向きだ。気の力 流れてくる」なんて 言われたこと 思い出して

じっと手に何やらかを 集中させてみる。

なにかできるものなら 出させてください!と 怪しげな 宗教みたいに念じてみる。

自分の手が 熱く発熱していくばかり。

祈る・すがる・・・の 気持が こんなあたりで生まれるんだろうな・・・なんて 思いながら

今日も 無力な わたくし。 

いつもご機嫌じゃなくたっていいんだ

2010 年 3 月 25 日 木曜日

しまった 寝転がってるいつも ぴんぴんぴちぴち できりゃいいんすけど

そんなに 体力気力ねえっす。

昔 どす~んて 落ち込んだ時

部屋薄暗くして 哀しい曲 かけまくったり とことん落ち込んでみたことあった。

ダミア『暗い月曜日』 中島みゆき『う ら み ま す』 佐々木好『待ってたのに』 磨香『冬の華』

いや~ おかげで よからぬ酒 すすむすすむ・・・で、途中 雰囲気によってる自分が可笑しくなって 

楽し~い!なんつって その頃在った NEWSとかいう 1リットル千円もしないウイスキー ラッパ飲みして 大笑いしちゃった

・・・てとこまでは 覚えてるんだけど

次ぎ気付いたのは トイレに座ってて(和式) あら 尻ひゃっこい・・・て段。

で、寝たのですけど

翌日 階下に降りていって ばあちゃん&ははの おっかない顔ったら。

どうやら わたくし 吐瀉しちまってたらしいんですわ 茶の間に。

んで、吐瀉物の海の中に 倒れてるのを 夜中発見して 二人悲鳴あげたらしい

なにごとぢゃ~とね。

抱きかかえるように起こして ふいてやったり 始末してやってるうちに 部屋に引っ込んで ふとみると 空の酒瓶・・・うら若きおなごのくせに~と 呆れたそうな。

ずっとずっと前、酒が飲めるようになったばかりで 距離感もわからなかった頃の話。

ちょちょちょいと 酒の上の しくじり 重ねて 今の分別?学びました。

今そんな 無謀さん しません 第一 酒に失礼ですもんな。

ぐにゃけた気分であったけど 酒に逃げるんでなく

美味い酒に 酔いしれる喜びに慰めてもらう・・・てことで

本日 ひさびさに ヱビス。

昨年から あまり飲まなくなったので 酔い回りが はやいはやい!

期間限定 シルクヱビス、いつものヱビス 500ミリの 一本ずつ飲んだだけで

ほろ・・・と 酔った。

毎日飲まなくなったとかいって、ここ三日(焼酎・泡盛・焼酎)続けてますが、たまたまだかんな。

んでもって くよくよ・・・な 気分は ビールのうたかたの如く 消えにけり

ま、たいてい そんなもんだ