2010 年 3 月 15 日 のアーカイブ

芽吹いたよ

2010 年 3 月 15 日 月曜日

ふかふかにゃんこしっぽ先週は蕾でした花も開いたよ

この巡る季節の中に 同じく 生きてる

だから きっと 新しく芽吹くものが目覚める

早く帰ってこようね

『タップ・ジゴロ』

2010 年 3 月 15 日 月曜日

北野武さまの『ZATOHCHI』『TAKESHIE’S』などでも おなじみ

タップダンスエンターテイナーといえば このお方 HIDEBOHさん主演の ミュージカル

博品館劇場プロデュース ミュージカル『タップ・ジゴロ』

3月19日(金)~28日(日) 銀座8丁目 博品館劇場にて あります。

戦後復興の 東京・銀座に 夢と野心を 花咲かせるべくショービジネス界で 懸命に生きる人たちの物語

その時代を生きてきた 火口ちかゆきさん・・・HIDEBOHさんの父上への オマージュの舞台でもあります。

最終日は既に 完売となってしまいましたが、若干チケットあるかも・・・です。

8000円です 

きっと こんなんじゃ 安いわ!てな 見所満載です。

かつて ちょっとの間だけ ヒグチタップスタジオの 会員となって ご指導いただいたことがありました。

もう 15年近く前かなあ・・・?

自分の踏んでいるものに 疑問や迷いを感じていた時期の 突破口や 救いのきっかけになったひとつに HIDEBOHさんの 小難しい御託なんか並べないで わかりやすく 細やかで温かいご指導が あったのですわ。

んで、勝手に心で 恩人!とか 思ってます・・・迷惑かも。

その頃から 大忙しで 人気者で

HIDEBOHさんの タップレッスンは 大入り満員 芋洗い状態

でも ひとりひとりに ちゃんと向き合って 丁寧にわかりやすく楽しく 指導してくださって・・・ほんとに 楽しかったなあ。

んで、ず~っと お年賀も くださってて、今回の公演も

なんと ご招待もいただいていたのだけれど(恐縮!)

父 治療中を見守るため、涙を呑んで 遠い空から 公演の成功を祈ることに・・・くくく 行きてぇけど こんなこともあるさなあ。

で、もしも お時間ある方は ぜひ 彼の温かさにじみ出る

エンターテイナーとは こんな方のことを言うのだぁ・・・てな 舞台に

おでかけくださいませ。

で、わたくしのかわりに 生きる希望とか 幸せとか 感じてくださったら 嬉しいな。

命を繋ぐ管たち

2010 年 3 月 15 日 月曜日

まだ うまく繋げられないから

腸や 肺や 心臓や 血管のためのものやら

あれこれ 管という管が装着されていた父。

最新コンピューターみたいなものに 繋がって 色とりどりの画面に 呼気・吸気・リーク・・・やらなんにゃらかんにゃらの %が表示されていた。

一週間は 苦痛を感じないように 麻酔を効かせておく・・・ということではあったけど

全く意識がないというのでもなく

吸引をしている時 苦しそうに眉間にしわ寄せて 指が ぎぎぎ・・・と 握るように力入る。

指を握って「ちち、おつかれ~さん!も少し がんばり~!」・・・というと 緩く 首を うなうなうな・・・て 感じに ゆすって 手の力が ゆっくり抜けていった。

ときどき ぱふ と目を開けて

定まらぬ焦点を うら・・・と 泳がせる。

看護師さんの 問いかけの何かに 首を横に振ったりしてた。

もう少し、いろんな傷がふさがって

通るべきところが通って

自分の力で 息を吸えるように

それまで 管たち・・・代わりにいろいろ お願いしますね。

牛騒動継続中

2010 年 3 月 15 日 月曜日

うっし~・・・本名 森 牛太郎 ♂

本日 去勢手術終了 

今晩は 外へ出さないように と言われたものの

じっと 大人しくしているわけもなく、

狭いケージじゃ可哀想・・・なんて

ダンボール大工作して 小屋を作った・・・大失敗!

激突カージャック!よろしく 固定しようとした うわぶたの隙間から ぎぃにゃ~ん!!

なんて 飛び出して 大脱走劇。

二階のわたくしの部屋の 猫穴から 屋根へ行ったところ

下から非常階段上って 屋根から 中二階に下りようとするポイントに 先回り

はさみうちにして 捕まえて、再び 狭いケージに・・・すまぬ。

滅多に鳴かない うっし~ ず~っと 哀れっぽい声で鳴いたり がたがた揺さぶるように暴れたり・・・そのたびに 馬鹿みたいな声で なだめる わたくしたち。

19時頃に ご飯&お薬・目薬・・・てんで

はは あんちゃ わたくし 三人がかりで またもや大騒ぎ。

なんとか 薬は飲んでもらって・・・カリカリは 二口ほど わたくしの手から 食べたきり。

んでもって またまた 心痛む ケージ戻し。

にゃんこ穴 塞いで にゃんこトイレを 廊下につくってみっか・・・などいったら

さっきの大失敗ダンボール工作を 横目で見て ははも あんちゃも またあ!?てな 笑い。

つられて ぴちこさんまで 機嫌悪くなりまくり。

せめて 明日朝までは 頑張ってくれぇ・・・と へろへろ。

「あんたが 家にいるときじゃないと」・・・と言われて パタパタ決めた 手術

なんだか こんな ばたばたな時に やっちまうってどうよ・・・と 今頃になって思うが

まあ 夜のお薬・・・第一関門突破したから まあいいか。

うっし~も 手術かも

2010 年 3 月 15 日 月曜日

複雑ですわ・・・去勢することになるでしょう。

「その猫のためになる」という 言い方もあるけれど

近くにおいて 世話をするものの立場に寄った 言い方だよな。

わかっているんだ

大分 エゴだ。

ぴちのときも 落ち込んだが

手術と引き換えに いいこともあるんだよ・・・と

「絶対的正しさ」てなわけでもないことを ならべて 言い訳するやましさ。

無理なく 世話できるようになるために 

手術させてください・・・てことなんだ。うっし~・・・すまぬ